酔っ払いと戦わない、かわし受け流す柳の如く

ura-thumb-480x360-188
よく、深夜とか乗ってこられるお客さんに、「酔っ払いも多いし夜は大変じゃないですか?」と言われる。

そういわれると、やんわり「そうですね~」くらいにしかその場では言えないけど、大変っちゃ大変であるには違いない。

飲食業、特にクラブなど飲み屋の姉さんやバーのマスターなどがその道の達人かもしれないけど、タクシー乗務員も彼女たちに準じるかもしれない。

その極意とは?

否定しない、酔っ払いだからこそ丁寧に扱う

10031oya024
酔っ払いって雑に扱われる事にひどく敏感なような気がします。自分が軽くあしらわれているように感じるんでしょうかね。

酔っ払って酩酊状態なクセにシラフな我々運転手のあげあしをとるような輩も多い。

基本的に言う事に対しては右から左で構わないのですが、それを相手に気が付かせないように応じるのがコツでしょう。

適当にふんふん、と返事すると「人の話を聞いているのか」と逆上する連中も居るのでやはり相槌だけは丁寧に行うだけでも全く違ってくるでしょう。

自分が軽く扱われる事に大して、なぜかひどく敏感な酩酊状態の人は多いように思えます。

酔っ払いも色々いるので、全てがお断りではなく明るく朗らか?とでもいうのか、車内を明るくしてくれるような陽気なお酒を嗜まれている方なら、むしろ大歓迎とも言えるのです。

やったらと機嫌悪くて、無口で陰気なヨッパは一番迷惑なので、これこそ国賓を扱うかの如く、丁重な扱いが「ある意味」で求められます。

刺激しないことが一番リスクを避ける方法と言えるでしょうし、酔っ払いだからといってこちらから上から目線に「お客さん困るんだよ!」

何て言おうものなら、ヨッパの思うツボと言えるだろう。面倒くさくてたまらない反面、ヨッパもそういった意味では夜の貴重な資源と捉えている産業はどれだけ多いだろうか。

刺激しない、返事は基本的に肯定系だけでOK

JSK542_kanpai_TP_V
一番はやはりヨッパは刺激しない事にあるでしょう。夜の飲食店関係で仕事されてる方はどのように接しているのか不明ですが。

あくまで陽気な酔いの方はともかく、陰気なヨッパはとにかく刺激しないで上手いこと行き先だけ聞き出して、目的地まで迅速に送って降りてもらう事に徹するのが一番です。

妙にからまれるような事を言われたとしても、無視するとか下手に言い返すより、当たらず触らず否定形を使わずに返答していれば、大抵の場合はそれ以上に発展はしません。

ここでも、やはり相手を刺激しない事に徹する事で、いわば酔っ払いという「不発弾」のような状態の方はより丁重な特殊処理班のような自分が求められると言えるでしょう。

酔っ払い相手の時ほど、雑にぞんざいな扱いをしてしまいがちになりますが、うまくやり過ごす事さえ出来てしまえば良いのです。

飲食業界にとってもタクシー業界にとっても深夜の上客と酔っ払いの切っても離せない密な関係は、やはり上手いこと味方にするべきです。

人生のココ一番は、酔っ払いおもてなしモードで乗り切る

PPW_hitobakarinoshibuya-thumb-autox1600-13244
メリハリ。酔っ払いの扱いはやはり聞き役に徹するメリハリが大事であって、決して面倒くさいやつだといって雑に扱わない事が全てである。

生き方も実は似たようなもので、普段はそこまでメリハリをもってピシッと規則正しく生きる必要もなく、力を抜きたいならダラッと過ごす事だって大いにアリでしょう。

じゃないと、他人に厳しくて口うるさい世の中の大多数の人の中でなんかとてもじゃないけど生きて行けないと思ったりする。

ここぞって時がきたら、相手が酔っ払いだと思ってちょろっと丁重おもてなしモードで生きてみるのも、夜の産業を支える人の知恵だと言える。僭越ながらわたくしめも然り(笑。