東京23区編・タクシー就職会社選びのコツ

PPH_ropponginokousaten-thumb-autox1000-13454
検索結果を見ると、タクシー関連のワードで閲覧されてる方が多いようなので、改めてタクシー乗務員への転職に興味がある人が潜在的な数も含めれば結構な方がいるのかな、と推測します。

正直言えば、転職自体のハードルは低いし門戸は広い、けど継続することが難しいとされるタクシー乗務員の仕事のこと、また転職する際の無数にある会社選びのコツを実体験を元に書いてみます。

一番気になる年収の目安ですが、東京の場合は初年度は400万円台前半~2年目以降でコツを掴み500~600万円以上やる人も決して少なくありません。

稼ぐなら東京・ノンビリやるなら地元型

PPW_hitobakarinoshibuya-thumb-autox1600-13244
稼ぎたいならやはり東京が良いでしょう。それも23区に本拠地がある会社がよろしいと思いますが、東京はやはり日本で一番人口が集中するだけあってそれだけビジネスチャンスは到来しやすいです。

お乗せしてナンボなので、これは至極当然の事でしょう。特に「港・千代田・中央」というこの3区はタクシー需要が高く、ビジネスでの利用も多い為に稼ぐことをメインとするならばこの3区は外せないです。

そして、出来るだけこの3区の近くにある会社に所属すれば、それだけ移動のロスが少なくなるので稼ぎたいならば、3区都心部に近い会社を選ぶことをススメます。

東京の場合、大手4社と言われる大和自動車交通・日本交通・帝都自動車・国際自動車を中心に大小無数の会社が点在します。

ワタシは中小規模に属する会社に居ますが、もし全く初めてタクシーの仕事にあたるなら、迷うなら4社のいずれの会社で下地作りをされるとよろしいかと思います。

ワタシはいきなり中小の会社に入ったために、新人教育たるものは無いに等しかったのでタクシー乗務員としての基礎は無く苦労しました。初めはうるさい教育を受けて、そして1年~2年勤めて中小の労働条件の良い会社に移籍する2段構えをおすすめします。

もちろん、最初に入った会社が好きであれば、移動する必要はありません。

大手で確実に学び、中小優良企業への移籍で快適環境を

PAK88_tokyoekihitogomi20150109174847_TP_V
経験者のタクシー乗務員だと、3社4社渡り歩いてる人もザラなので、この業界における転職回数はさほど気にする必要は無いです。

じっくり自分に合う会社を勤務しながら見極めるスタイルも十分にアリでしょう。

初めは4社など筆頭に大手で教育体制がしっかりしてる会社で地盤をしっかり整備して、その後に仕事スタイルを自分流にカスタマイズしてやりやすくするイメージが良いと思います。

今や、大学新卒でタクシー乗務員になる人も多く存在しますので、タクシー業界の人材不足は深刻さを極めている状態です。

先にあげた自分流に仕事をカスタマイズとは、中小規模の会社の方があなたにとって融通が利きやすい事が一番のメリットです。(全ての会社ではありません)

勤務出番の変更がしやすい、出庫時間の変更もしやすい、一日通しの仕事でなく、昼だけ・夜だけの乗務に変更したい、などそういった変更に寛容な場合が多いのです。

また、一番気になるお給料の歩合という賃率も、大手などに比べて軒並み高め(大手が歩合率50~60%なら、中小は良い所だと65%位の所もある)なので、当然毎月の手取りも変わってきます。

平均的な数値で売り上げ60万円を一か月でこなした場合、5%もパーセントが変わればひと月だけで3万円も給料が変わります。

もちろん、月の売り上げが高ければもっとその差額は大きくなります。

注意点・目先の数値だけに惑わされない、実際に働く人を見る

Green22_bag20141123111535_TP_V
もちろん、賃率や労働条件だけでは会社選びは成功とは言えません。歩合率も大事ですが、管理部門である事務所の人々がアットホームで面倒見が良い会社は数字以上の価値を有すこともあります。

トラブルなど何かと窓口になってくれるのは事務所の人々ですし、困った時の相談や周囲の先輩乗務員などとも話しやすい環境も大事です。

求人広告などにあまり出ないような会社に、優良企業は多いように思えます。

最初に所属した大手で先に移籍した先輩OB方の繋がりは、非常に有意義なのでちょっとした付き合いも大事にしてみると、選択の間口は広がるでしょう。

まずは、1年くらい大手でしっかり下地を作って「タクシーってこんな感じか」という感覚を掴みます。(コレが皆無だったワタシはかなり苦労しました)

それから、よりお金を稼ぎやすい会社・評判の良い隠れ優良企業に移籍など目安しても良いと思います、馴染めば天国に感じるでしょう。

中小は、新人教育に関してはやはり難アリな所が否めないので、その点は注意しましょう。

口コミでの移籍も、特定の人の話だけではなく、数人からの証言など元にするとより確実です。

もし、お目当ての会社がありその会社に先輩や知人が居ないなら、実際にその会社のタクシーに乗ってみて、さりげなくその乗務員さんに聞いてみるのも良いです。

これも、数人位の証言は欲しいのでちょっとのタクシー代など投資は必要です。

なかなか的を得ないならば、ずばりその会社の採用窓口に直接問い合わせをしてみるのも1つ。

いま、各社とも人材確保にはかなり必死なので、色々と細かな労働条件の話なども聞けるハズです。