他人と比較して自ら不幸になるな!


自分自身がうまく行かない時ほど、人は自信を失い自分自身が何をしたいのかすら分からなくなります。

そんな自信が無い時ほど、余計に他人と比較してしまい、その他人の情報に振り回されさらに自信を無くしてしまいます。

そんな時ほど、情報をシャットアウトするべきなのです。

SNSは時に有毒、便利ツールから離れてみる


現代は、何かと便利すぎる故に容易に「他人の情報に接する事が出来る」とも言えます。SNSといったツールの急速な発展と普及により、私たちはより周囲の人たちと簡単に繋がる事が出来るようになりました。

しかし、自分自身を考えて見るとSNSにどんな事を投稿していたかと思えば、自分の良いとこ、上澄みの一番画になるようなカットしか投稿してなかったように思えます。

ほとんどの人が当てはまるのではないでしょうか。人は弱みを見せる事って出来ないのですね。それぞれの人に当然のように見栄や体裁があり、より自分を良く見せるようにしてしまいがちなのです。

そんなSNS情報ばかりに触れていると、いつしか他人のほんの一部分の良い所と、自分自身そのものを無意識に比較してしまい、私たちは「自分はなんか劣ってるな」と無意識に比較してしまうのです。

そう、本当に他人の情報ってあなたにとって有益なのだろうか?

他人(ひと)は他人、自分は自分を忘れない


自分自身を見失っている時や、全く自分本来の調子が出ない時ほど人は他者と比較してしまいがちで、より一層落ち込んでさらに自信を失ってしまいがちです。

唯一無二の存在である自分を、そもそもが他人と比較する事自体が全くの無意味なのですが、落ち込んでいる時ほど人はどうしても脇見してしまいます。

「一体自分は何がしたいのだろう、誰々に比べ自分は何にも出来てないじゃないか」というように比較してしまうのです。

自分は自分で他人は他人だという唯一無二の大原則に乗っ取り、そもそもの諸悪の根源でもある他人の情報を完全にシャットアウトしてみてはいかがでしょうか。

SNSやらない、無意味に友達などと連絡して近況報告とか聞かない、など出来る所からで構いません。やってみると分かりますが、非常に大きな効果が得られます。

それだけ、私たちは無意識に人と比較して勝手に自己嫌悪に陥っている現象を、自ら実証しているのです。

twitter、Facebookと距離を置きシンプルな日常を


ごく当たり前の事ながら、改めて確認したいのは「人と比べない」ことです。忘れてはいけないのですが、あなたにはあなたの良さがあって、今日まで生きてこれた事を軽視してはいけません。

誰しも長所があって短所があって、それぞれをカバーしつつ私たちは日々生きていると言えます。

迷った時ほど余計な情報を遮断してただひたすらに、自分自身を見つめてみてはいかがでしょうか。

時として、自分の事だけを徹底的に考えてみる事だって重要なのです。あなたの長所は、他人と比較する事で消えてしまう事だってあるのですから。比較自体は全くの無意味なのです。

あなたは、あなた。わたしは、わたし。

唯一無二の大原則を、

人は生まれながらにして背負っているのです。

どちらが優れてる、どちらかが劣っているというのは、宇宙レベルの原理原則にのっとればそもそもがあり得なず、優劣という概念がないのです。

比較すること自体が、無意味なのです。

今のままのあなたで良い、ただひたすらそれだけだ。