愚痴って言っちゃダメなの?常識を疑え!


現代において、生きづらい・落ち込んだ時の対処の仕方が分からない、などそういった悩みは数多く寄せられます。

しかし、今一つ何が効果的に自分自身に有効なのか分かりにくい現状があります。あなたなら、どうやって落ち込んだ時は対処しますか、どう凌ぎますか?

いっそ愚痴は全てははききってしまうという方法もあるのです。

お金は貯めても、ストレスは溜め込み厳禁!


落ち込んだ時、嫌な事があった時でもあまり「グチグチ」言わない方がいいよ~、なんて意見もよく耳にします。

誰しも他人の嫌なお話し、愚痴話などあまり聞きたくはないかもしれません。

しかし、一方でそれ故に自分の中で、そういった愚痴の負のパワーを貯め込んでしまい、ストレスで膨れ上がって爆発寸前(もしくは爆発)な方は多いのです。

愚痴という毒は体内に貯め込む事は絶対にすべきではありません。いっその事、解毒対処として愚痴はあえてはききってしまう事をおススメします。

ため込むストレス愚痴は、真剣に身体に毒であることに変わりありません。

そこから起因して、ストレス障害に陥ってしまったり、原因不明の熱が続いたり、身体のダルさが慢性的に取れないなどという症状に出てしまう恐れもあります。

貯め込んで辛い思いをするなら、いっそのこと思いのほか、これでもか!という位に、周囲のあなたの話を聞いてくれる人に吐いてしまうのも1つの手段なのです。

グチるのは恥ずかしい事じゃない!むしろ吐くべき


もちろん、そんな話聞かされる方だって困るんだ!という意見もあるでしょう。

さすがに毎日のように友や家族に愚痴ばかり言い続けてしまっては、周囲も困惑してしまいますが、しかるべき場所で愚痴はトコトン吐いてしまいましょう。

しかるべき場所とは、馴染みの飲み屋さんでも良いし、お酒が飲めない人なら、そういった話を専門的に聞いてくれる心療内科が今は存在します。

自分は病気じゃない!と思うかもしれませんが、話をするだけで解決できる、いわば潜在的な患者さんの可能性というのは、誰しもあり得る事だと医師は言います。

ちょっと話すくらいなら、家族や時に友人でも構いません。

しかし、ちょっとでは済まないような愚痴は、しかるべき場所で話を聴いてもらうのも、1つの有効的なストレス解消手段と言えます。

素直な心は失敗を帳消しに、時にプライドは捨てるべき


これからは、どんどん臆することなくカッコつけることなく、困ってる時は困ってると、ハッキリ人に言う事がストレスを溜めない秘訣と言えます。

対人的に良いカッコしようとせず自分が本当に大変な状況にある時でもやせ我慢せずに「めちゃくちゃ大変で困ってます」と言い切ってしまいましょう。

すると、良いカッコしていた自分自身に疲れさせられていた事に気が付かされます。

私はコレに気が付いたとき大変に驚きましたが、同時に妙な体裁を整えようとする所に起因するストレスからは本当に解放された思いでした。

大変な時に大変だと言える人は、素直な心と態度を得ることが出来る。

体裁に捉われず、素の自分をさらけ出せる人はストレス軽減の名人だ。

誰しも良いカッコしたい、人になめられなくないという思いは、時として自分を見失います。

人にどう思われようが、自分の心を平穏にする事を第一に考えれば、見栄やプライドなど取るに足らない問題だとも言えるのです。