豊かな時代なのに、なんで人生つまらないの?


これだけ、モノや情報やお金が豊かになっている現代でも「つまらない人生を変えたい」と願う人はゴマンといます。

しかし、なぜ人生はこんなにつまらないのだろうか、一生懸命やっているけど、どうにも報われない。

そんなつまらない人生を変えるにはどうしたら良いのか?考えて見ます。

好きな事がない、やりたい事がないなんて事はない


世の中でテレビやメディアを通じてみかけるような人を、どうしても特別な才能の元に活躍してる選ばれし者だ、みたいに見てしまいます。

そういった人は好きな事や、やりたい事などがあって、さらに才能にも恵まれている。

それに比べて自分は何にもないじゃないか、そう思いがちですが、あなたのちょっと好きな事を思い起こすのです。

好きな食べ物、好きな趣味の事、それがお金にならないから、仕事にならないから、といってふて腐れては絶対にいけません。

好きな事、好きなモノ等はちょっとした事の足し算、あるいは掛け算でその人の才能や能力はいくらでも変わってくるのです。

何か自分の長所を見出したい時は、ちょっとの好きを掘り下げてみませんか?読書が好きなら、今までの知識を活かして書評をブログなどで書いてみるのも良いでしょう。

野球が好きなら、プレイヤーとして活躍できなかったとしても地元の少年野球などのチームで指導者としてやってみる。

プロ野球好きなら、ネットメディアを通じて自分の知識・考えを発信出来るページを作成して、コミュニティを造る。

など想像次第であなたの「好き」はいくらでも広がりを見せる、そして化けるのです。

考えれば考えるほど動けなくなるジレンマ


何かをやってみたい、新たに自分で仕事を持ちたい、そう考える人は少なくないと思います。

ワタシもそうですが、こうやって自分の思いや考えをブログで発信する事から仕事に繋げたい、初めの第一歩は「まず始めてみる」に尽きるのです。

あれこれ考えれば考えるほど、必ずといっていい程動けなくなるのは明白です。

ワタシもこのブログを始める前は、悶々として何をするにも「行動に繋がらない」事だらけで、かえって自己嫌悪に陥りました。

それならいっその事、あれこれ言う前にやってしまえば良いのではないか、とアドバイスも頂きました。

起業したい、創作したい、それらを仕事に繋げたい、そう考えるならまず始めてみる事です。始めて見て、自分以外の人様に見てもらう事から初めて仕事に繋がるのです。

自分の意見や思いを外に発しない限りは、誰もあなたの隠れた能力を見出すことは出来ません。

良いか、悪いかなどは後で第三者さんが判断してくれれば良いだけの事です。まずは始めてみる、そして最低でも1年は続けてみる、これに尽きるのです。

自虐的なワタシのブログ経験談、時に滞っている事もアリ


ワタシのブログも、自分の仕事の都合で忙しかったり体調が悪かったり、心情的になにかモノを発信できる事がないなー、スランプに陥った時は何度もあります。

そういった時は一度休憩してみる事もオススメます。真面目な人ほど、続けられなかった自分をさらに追い込み自己嫌悪に深く陥ってしまいがちです。

新しく物事始めたけど、どうせ自分は何やっても長続きなんて出来ないんだ、と片付けて塞いでしまいます。開き直ってみてください。

やりたい事をやるのは、自分がやりたいから、やってみて可能性を広げたいからやってること。

タイトなスケジュールに追い込まれてるわけでもなく、締め切りがあるわけでもない。失敗しようが成功しようが、そこは問題ではないのです。

あなたのつまらない人生を変えることが出来ればそれは真の意味で大成功なのです。