転職の現実を見る、あなたはどうしたい?


自分のスキルアップについてさらなる収入も上げたい、今の職場から転職したい、そう考えている人は少なくないでしょう。

人間関係もより良好で働きやすく、休暇もちゃんと取得できてetc、条件を挙げたらキリがありません。

しかし、条件だけで転職を選ぶのは果たして本当に自分自身の為になるのでしょうか。

自分を高める転職と、よりラクで稼げる仕事は全く別だという現実を考えます。

自分の為の転職は必ずしもラクではない


私たちは、どうしても日常物事をラクしようと考えてしまいがちです。先の挙げた転職の事などはその最たる部類に入るのではないでしょうか。

スキルアップで動く転職とは、そもそも給料や休日日数など条件に関わる部分について、ほぼ関係はありません。

この仕事を本気で取り組みたい、さらに能力や自分自身を向上させたいと考える転職こそ、実はスキルアップの為の本来の転職の姿なのです。

しかし、昨今では労働条件の悪化から真剣に今の居場所を変えたいと考える人は少なくありません。その転職とスキルアップの転職はまた別次元の話と考えましょう。

条件から選ぶ転職は、ある意味では必要です。

本当にブラックな職場に勤めているならば、それは自分の心身に深く関わる事ですから、身に危険を感じるなら条件で選ぶ転職を、より早く成功させるべきです。

転職すべきか迷った時の判断材料とは?


スキルアップの転職は、自分をより高めたいと考える転職です。

給料や労働条件が落ちようともこの職場でより自分の必要とする技術や知識を深め、大いに学ぶことが出来ると考えられるなら、それは迷わずGOサインが出ているも同然。

まさしく自身を高める転職は積極的に動くべきです。

もし、悶々と悩み答えが出せないという方がいるならば、このぬるま湯状態の職場でこれ以上学ぶべきものはないな、と思うならそれは立ち去るサインです。

なれ合いも度が過ぎると「自分を下げる」事になります。

これは筆者であるワタシも経験がありますが、緊張感が無さすぎる職場、ごまかして成果を乗り切れてしまう状況は、あなたを高めるという観点からでは、確実に遠ざけています。

しかし、高めるだけが人生ではない、職場の居心地も重要なのではないか、そう考える人は無理に動く必要性はないのです。

そこは、あなたの価値観であり「何を最優先にするか」をハッキリさせれば、答えは自ずと導かれるのです。

自分を高めるなら、迷わず転職せよ!


なれ合いで、周囲と仲が良さすぎるのも時として問題です。お互いに悪い意味で遠慮しなくなるので甘えが出ます。

やるべき事をやらずに人に任せてしまったり、いかに自分がラクを出来るかだけを考えて、選り好みして仕事が出来てしまう職場は赤信号と言えます。

かつてワタシ自身も赤信号の職場を経験しましたが、居心地は非常に良かった。しかし、先々の事を考えると、それ以上の進歩を望むのは難しかった。

現状維持か下降気味、それが現状でした。その状況を肌で感じ取れるならば、それはあなたにとっての絶好の転職のサインと言えるのです。

ただし、それはあなたが危機感を感じているならばの前提です。