神社ミッションは無欲の時にヒョイと成果が出る


5月7日の記事で紹介した「宣言します!私は神社ミッションを必ずやります」の一件ですが、今日で約一週間が経過しました。

今回はその後の経過報告とでも言うべき、何か変わった事&感想やその結果を拾い上げたいと思います。

一つ確実に感じた事は、よくお金持ちの人が書いた本などにある「お金は留めてはいけない。自分へ流れて来たものは、また世の中へお金を流すことが重要である」

というような事が書いてあったが、にわかにお金持ちでないワタシとしては留める以前に、単純に世へ流す金がないと皮肉っぽく思っていました。

実際に今も「あるわけではない」のですが、ただ何となくこの神社ミッションやって、実はもしかしたらちょっとしたお返しなのかな?という事がありました。

もちろんそれは神社ミッションから来るものかは、当然ながら特定・断定できるものではないです。

でも、これってもしや?と感じた事を挙げてみます。

お金は追わない・忘れた時にお金は形を変えて戻る


最初にミッションを行った翌日、朝から細々とした需要で動いていました。タクシー営業として劇的に儲かってるという流れではないにしろ、細かく忙しく動いている状況です。

そんな時に、いつものルーティンの業務を終えて待機していると、ここ一カ月以上はなかなか来なかったちょっと単価の出る仕事を無線で頂きました。

都内へ出る仕事だったので、ちょうどマンシュウ=一万円以上の仕事になり、昼間でこのマンシュウが出るケースは最近では滅法少なかったので驚きました。

昨日のお返しかな?とか勝手に思いつつも、もちろん何の根拠はありません。

ただその後も数回その大き目な突然の仕事パターンが続きましたので、まんざら関係ないとも言い切れないような気がしました(笑。

特に最近は昼間は気候が良く暖かい事もあり、まとまった単価の仕事は日中は出にくいという現状があるからです。

気を良くして2回目の神社ミッションしてみた結果


昨日は、恒例の交通安全祈願に行きつけの神社にいきました。これは神社ミッションとか関係なしで定期的に行っています。

ワタシは「寒川神社」という所が好き、というのか相性が非常に良くてたまに行ってますが、ここで一度神社ミッションやってみよう!と思い立ちました。

長年来ていますが、もちろんここのお賽銭箱に一万円札を投入するのは初めてです。

前回同様に、なんか周りの人に見られると気恥ずかしく感じる気の小さな野郎なのでコソッとミッション完遂しました。

そして今日の業務は、早朝は滅茶苦茶ヒマすぎて戦意喪失して諦めて終了モードでしたが、日中に謎の天からの授かり無線か!?と思わせるような展開が連チャンで起こります。

結果的に逆転本塁打を放ったような展開で試合(業務)をサヨナラ勝ちで締めくくる事が出来ました、二打席連続ホームラン(単価の高い)のお仕事のおかげです。

もちろん、神社ミッションやったから起きたんだ!なんて因果関係は全くありません、というか分かりません。

でも、ハッキリ言えるのは自分が世の為にお金を流せばお金はまた帰ってくるという事だと思います。

まとめ


お金は自らに留めず世の中へ流そう。

そしてまた新たしい流れを自分に得よう。

それこそがお金の在り方?なのかもしれない。