縁とは不思議なもの・切っても切れない縁もあり


今日は、痩せるキッカケをもらった前職時代の先輩に合う。

今もその先輩は同業他社に転職し地元で活躍するも、ワタシはエリアこそ近いけど違う業種(ハイヤー・タクシー業界)へ移ってしまった。

なので、ここ最近はなかなか会う機会が少なくなっていたが、半年ぶりに会う事になった。

今回の大規模にダイエット成功出来たのは、この人物の受け売りであり、その実践編をワタシも話を聞いて大まかにマネしたがために、うまく減量に成功したようなもので、結構な恩人とも言える人なのだ。

目指すべきモデルがいると大きな指標となる


年齢は6つ年上なので40過ぎの兄貴分的な先輩である。

この人も痩せる前は95kg→70kgまで大幅減量に成功した事と、背格好がワタシと似ていること(ちょっとこの人の方が上背アリ)

なおかつ3年くらいその痩せた体重を維持していたこともあって、ワタシ的にマネさせて頂き、今回は痩せる事が出来たのでその報告会?のようなものを、半年ぶりに会って開催しました。

会うや否や思いっきり笑われてしまったが、そこまで痩せていたとは思っていなかったようで

「大丈夫か、病気したか?」と思わず言われてしまう始末であった(笑。

デブからデブへ伝承しよう、秘伝のダイエット術を


前職時代の先輩ではあるものの辞めて8年経った今でもたまに会って交流をしており、この人とは会社を越えた垣根を超越した付き合いが出来ている数少ない先輩でもある。

この先輩も25kgの大幅な減量を成功させているので、ある意味で似たような背格好をしていたので非常に参考にしやすかったのも、成功要因の一つだったのかもしれない。

不思議なもので、辞めても未だにここまで定期的に会う事のある人物はこの人位なもので稀少な存在と言える。

この先輩も今や会社で「どうやって痩せたのか教えてくれ」と周囲に色々とせがまれているようだ。

ワタシも大幅に痩せた事で同僚のおばさんから、ダイエットを指南してくれと言われたり、ある意味でこの人に教わったことをそっくりそのまま他の人にもお教えてしています。

人の縁とは不思議なもので、デブが生んだ新しい縁は世代を超えても大切にしたいものですな。

時として、ダイエット・デブが生み出す強固な絆があちこちに出来たのでした、というお話でした。

デブ時代の方が良かった事は?


明らかにデブ時代の時の方がメシは美味に感じたこと。

食いたいもん喰ってただけだから?それもそれで幸せだったか!