コンビニ本は宝の山と言っても過言ではない


何気なくコンビニに行くと書物のコーナーがお店によっては凄く大きく取ってある。

取っていない一部のコーナーのお店でも書物を見ると注目されているもの、子供向けの書籍など様々に分かれている。

ここで注目したいのは、コンビニは通常の書店と違うので、そんなに多くの書籍を置くことが出来ないので、どの本を置くかについては相当吟味されて並べられている。

すなわち、特に売れる見込みのある本しかコンビニには並べられないので、注意してみるとコンビニの書籍コーナーは非常に面白いと言える。

印象深いのは、ワタシが個人的に好きな文筆家の千田拓哉氏の「好きな事だけして生きていけ」だ。

氏の本のシリーズでも最も売り上げのあるものだが、やはりコンビニにも置いてあるように売れているのだと思う。

自分で実際に読んでいても、厳しくも暖かくどこか励まされような内容にそれらに共感を覚える読者さんがたくさん居るのだと思う。

そう考えるだけでも、やはりコンビニの本棚というのは売り場面積もさほど広くない事も多々ある。

そんな立場から売れている本を厳選して置かざるを得ないので、その店の思いが凝縮されているとも言える。

そういった意味では、気になる本がコンビニに並んでみたら積極的に手に取ってみるのも面白いだろう、損はないはずだ。

スイーツ類が本当に美味い!専門店マジに顔負け?


本以外でワタシがコンビニの商品で個人的に最近嬉しいのは、ちょっとした時に頂くスイーツ類が本当に充実しているところ。

特にスイーツに関してはファミリーマートはライザップとタイアップして、低糖質のスイーツなどを販売しているが、低糖質でも十分すぎるほど美味しかった。

その中でプリンは絶妙といって良く、ほどよく味に深みもありプリン特有の甘みもしっかり再現されている。

昨日紹介させて頂いた森永の低糖質クッキー等と一緒で、今や単なる糖質が低いから安心して食べらるよ!だけでは、お客様は振り向いてくれない。

何よりも今は「美味しくなければ!」が大前提にこないと、消費者は目を向けてくれないのだ。

大注目でもあるライザップだから安心!とまでは言わないが、しっかりと糖質量なども明記されているので自分で把握できる所は非常に嬉しい。

かたやローソンは、GODIVAとタイアップしてスイーツを制作したが、この2つの新商品も非常にひじょ~に濃厚で美味しい。

おすすめなのはGODIVAのチョコをベースとしたチョコレートの大福だ。

チョコの粉末がたっぷりまぶさっており、中には濃厚なGODIVAチョコクリームがしっとりと入っており、とてもクリーミーかつ濃厚で言葉を失ってしまう程である。

これを260円で味わえるのは非常に嬉しいひと時となるだろう。

冗談抜きにしっとり濃厚に味わえるので、食後のデザートには最高におススメ!

前々からローソンは、得意シリーズとしてロールケーキも色んな味を販売していたが、今回のGODIVAとのタイアップしたロールケーキは大福同様に、濃厚なチョコが格別にしっとりと絡まり本当に真剣に美味い!

ワタシの屁理屈など良いから、ぜひとも試しに食べて頂いき同じような感想を持つ事が出来たらこの上なく嬉しいです(笑。

それ位に外さない美味さがこれらのローソンGODIVAスイーツには詰められていますので、ぜひお試しあれ!(ちょい割高ですが)

まとめ


もしデザート一人で食べるなら、誰かと半分にして分けるなど対策を行えば大丈夫。

何事も全て我慢というスタンスを貫く方が時に十ストレスとなるので、どうしても我慢できない時は少しづつ頂いて、自分自身と自身の身体を納得させよう。

理屈抜きにこのスイーツのシリーズは本当に美味しかったです。

スイーツに関しては、セブンさんよりファミマ・ローソンさんの方が今は優勢な気がします、ワタシ的には!