夢や希望が無くても生きていく事は十分可能だ!


あ、これワタシの事だ。って思う事がある。夢や希望などを持ちすぎて、どんどん自分が空回りしているその状況を。

今の自分の状況を変えたいから、もっと収入を増やしてラクに生きたいから、そう考えているうちに夢や希望を持ち出してアレやろう、コレやろうってなる。

今は大変な状況でも、これは先々への肥やし・種まきをする時期だからここは踏ん張って頑張らないと、みたいに思って頑張ってしまうこと。

いや、待てよ。その先には本当に自分が望むような桃源郷があるのか?

時に自分を疑ってみる事で、「一体なんの為におれ(ワタシ)は頑張ってるんだ?」って問いかけてみるって面白い。

意外とハッと気がつかされる事が多いのなんの、これは結構盲点な思考だ。

目先の利益だけに追われていない?もう一度振り返ろ!


結局のところ、「あ、単なる損得勘定の部分で頑張ってただけなんだな」って思い起こされることがあった。

それは、自分が独立して一つのビジネスとして成り立たせるための仕組み作りであったりもする。

でも本当にそれやりたかった事なのだろうか?もしかして、単に儲かりそうだからって理由だけでやってるのではないだろうか?

本当はどれも楽しいとは到底思えない事を頑張り続けているのではないだろうか。

自分の将来のため、夢のためと思って頑張って歩み続けた道筋は一体何だったのだろうか。

その道の行く先にはいったい何があるのだろうか?

自分の幸せだの為と思ってやってた事が、自分を不幸せに導いていないかをいま一度見極める必要性があるのだ。

目的を見失っていないか?あなたは何がしたいか


ワタシもblogを通じて色んな事を書いているけど、元は5年前に自分がどん底に落ちて何も手をつけられなかった経験と、その後どう考えて過ごしたかなど、時系列を追って少しづつ書き記そうと思った。

アクセス数だとかどうやったら人が集まるか、ってのは二の次でいかに記事に理解をもらえるか・共感してもらえるかという所がメインだ。

でも、やっていくと人に読んでもらえてナンボだから~と考えるようになってしまうと、どうしてもアクセス数など数字ばかりが気になってしまう。

本当に気にするべき所は、本文の内容をいかに困っている人たちに届け共感してもらえることである。

そして、その困ったもの同士でその悩みや困惑を共有し、時に話し合いラクになる所に真意はあったのだ。

さて、もっと考えてみよう。

ワタシらが進むべきこの先の道は前進あるのみだと思ってたけど、この先にはいったい何があるのだろうか?と。

まとめ


人は決して「夢や希望がなくても」生きて行けることが出来る。ほとんどの人は、夢を叶えるどころか、夢破れる事の方が多い現実社会だ。

だからそこ、その夢破れた先には何があるのかを考えたい、ワタシもその答えは正直未だに分かりません。

アンパンマンマーチというアニメの主題歌、実は非常に深い問いかけが秘められており、よくよく聞くと意味を非常に考えさせられる。

「なんのためにうまれて なにをしていきるのか」

なにがきみのしあわせ なにをしてよろこぶ」

あなたは、この問いかけに応えられますか?