単純明快な真理・稼げるブログは読んでおもしろい!


ワタシの大好きな作家の一人である千田拓哉氏の音声blogでの問いで非常に興味深く&おもしろいものがあった。

その名もずばり「ビジネスに直結する稼げるblogってどんなものですか?」という読者の問い掛けに千田氏が答えたもの。

blogに大きな可能性を感じる者として、これは尊敬する千田氏がどう答えるか非常に気になるし、その解答も至ってシンプルで明快なものだった。それは「出し惜しみをしないこと」だった。

生涯のライフワークか、一時の小遣い稼ぎで終わるか


もったいぶらない、出し惜しみをしないとはどういうことか。

ここまでの情報は無料だよ、しかしここから先の情報は有料だよというような事が読者に伝わると、今まで読んでいていくれた読者はサッと去るという。

確かに、小出しにする事により自分の中ではより有益な情報を課金という形で読者からお金を頂くというのは、一時的には儲かる事になるかもしれない。

一時的には儲かるかもしれないけれど、人とお金は必ず去っていくという。そして、出し惜しみするブログには致命的とも言えるべき共通点がある。

それは「内容がつまらない」というもの。ここまでストレートに核心を付かれるとぐうの音も出ないとは、まさにこのような例を言い得ているのではないだろうか。

出し惜しみする上でさらに内容も「つまらない」となってしまうと、今度はどうなってしまうのか。そうなると「能力も性格も悪くなる貧乏コース確定」なのだという。

確かに今は有料blogであるとか、noteのように課金制を導入しやすいシステムのあるblogも現実には流行っているから、一瞬は儲ける事が出来るかもしれない。

果たして自分の真理とでも言うべき事をblogに書き綴るのに、表面的かつ一時的に儲かる程度で終わらせて良いものだろうか?

一時期の小遣い稼ぎの為だけに自分の貴重な時間と労力を割いて本当に意味はあるのか?その行いに価値はあるのだろうか。

表面状をなぞるというだけで、せっかく広く世の中に自らの考えを「発信できる」システムを終わりにしてしまいうのは、あまりに勿体なくお粗末すぎるではないか。

あなたの「もっと~」に眠るものこそ大きな可能性に


ネット技術の大躍進もあって、世界の裏のあたかも知らない人にも一瞬で自分の思いや考えを事細かに述べて、全世界の人に伝える事の出来るシステム、それがインターネット。

その強大なシステムの恩恵に預からずして、とりあえずの小遣い稼ぎで自分のblogなりサイトをダメにするのはあまりにも夢も希望もない。

ネットは匿名性の高い媒体でもあるので、実際の対面でのやり取り以上に信頼性が求められるツールであるとも言える。

だからこそ、信用度をより高める為にもまっさらの自分をさらけ出す必要がある。

そのためには、よりblogの精度をや質を高める為に最も効果的なのは、自分の好きな分野で毎日書き綴っても嫌にならない&飽きない分野で活躍する事が求められると千田氏は言う。

確かに、楽しいって動機は損得抜きで物事を調べたり探ったりするので、その行為そのものが楽しいのだよな。

楽しい事ってより深く「もっと、もっと」って誰しも追求したくなりますよね。

blogの質を高める&多くの人に読んでもらえるコツって自分の中に深く存在する「もっと」を極める事にあるのではないかと強く感じた。

まとめ


損得抜きに掘り下げることのできる分野=それは楽しいからやってるのだ!という構図こそ、末永く発展しビジネスに繋がるblogの必須条件だ。

楽しいものってなんだろう?と深く考えない。

楽しいと感じる事に理由など存在せず、その真理としてそれは「ただ楽しいからやってるだけ」に過ぎない。

そう感じる分野こそ、あなたの進むべき道だ。