有料ブログnoteで1000万も売り上げてる人もいる!


ブログについて、毎日というリズムでここ最近はこまめに書き綴っています。

何をどう~っていうスタンスこそ確立してる訳ではないけど、自分の考えを発信し続ける事にまず意味があるように感じている。

発信と言っても色んな手段があるもので、こうやってワードプレスから文章を興してワタシのように地道に書き綴るタイプもいる。

またはnoteのように有料blogと化してひと月いくら~円という具合で発信する事も今や当たり前となってきている事も見逃せない。

自分自身にファンがつけばそのような有料blogの運営も可能になってくるのだろう。

今は本当に色んなタイプのブログの運営の仕方があるので、そういった知らない世界の話を聞くだけでもちょっと勉強になったりする。

そんなnoteで一部7000円する有料blogをなんと1400部も販売しているブロガーのあんちゃんさんという方がいる。

すごいなあ、これだけでも1000万近くの売り上げになっているではないか。高額のnoteも今や珍しくないそうで、もはやどういったノウハウなのか気になって仕方なかった。

が、冷静に考えたけどやっぱり自分はそういうスタイルではないなと思った。

それは、過去にちょっと体験してみて分かったからだ。

情報商材の販売に挑戦!向き・不向きは確実にある世界


あくまでワタシ個人の場合だけど、お金の部分だけをフォーカスするとワタシの場合続かない。

過去に一度、試しではないけど、情報商材の販売っぽい事もやってみた。友人に教えてもらいつつ、自分で商品として提供できるような情報は無いだろうかと。

カタチにしたけど、結果的には全然うまくいかず、自分でやってても「あ、コレ向いてないな」って感じてしまった。

ずっとなぜかと考えたけど、本当にやりたいと思ってない事をお金を稼ぐという手段の為だけにただ苦痛に作業をこなしていたという事に気がつく。

苦痛に感じてしまっていたという事は、自分の内なる部分ではそれを明らかに望んでいない、やりたくないと思っていたんだなと後で冷静になった時に感じた。

人はやはり自分が好きでない事や、望んでいない事をやろうとすると身体の内なる部分が反発するような仕組みになっているのかもしれない。

それがつまらないと感じたり、イライラしてきたりなど負の感情が表に出る時なのだと経験した学んだ。

だから、ワタシの場合は「お金」から入らない方が結果的に最短距離のような気がする。

継続的に打ち込むコトが出来なければ、成功なんてそもそもあり得ないだろうなあ。

一見すると遠回りに見えても「自分にとっては最短距離」という部分を決して見過ごしてはならない。

色んな情報を取り入れる事も大事だし、それを投資というかもしれないけど、自分が望んでいない以上それは投資でも何でもなくただお金を消費したという行為に過ぎない。

お金は追えば追うほど逃げる事実を理解せよ


お金を稼ぐという事に特化して始めた情報販売もどきだったけど、ここで得た気づきは「お金は追えば追う程逃げる」という事実だった(笑。

昔の格言めいた言葉でそういうことわざとかありそうだけど、確かにそれは実感した。

自分がイラっとしたり焦ったりひらめきが湧いてこない事は無理にやらない方がいい。

もし何かに特化するなら、自分がやりたいと思う事に素直に取り組んだ方が結果的に遠回りでも、自分にとっては最短経路だった事に気が付くだろう。

まとめ


カネになるから、という入り口で入ると確実にワタシは続かなった。

だから、ワタシは本とセミナーの中間くらいの価格層の高額noteに新たに取り組むよりも、ひたすら自分の思いを書き綴り発信する方が向いていると思った。

何でも試してみないと分からない。

何事もまずは「やってみる」の行動は、たとえ失敗しても収穫はあるのだ。