2年ぶりの外泊!?夏のど定番キャンプへゆく


さて、昨日は2年ぶりに仕事以外で泊まりで出かけた(遊び)ので、ブログ更新はお休みとしました。

当方はたまにイレギュラーでお休みしますので文字通りの「大体日刊」となりますので、よろしくお願い致します。

昨年は自分の仕事の都合上で、夏場にどこか出かける・遊びに行くという事は皆無だったので今年は何かしら企画しようと思いました。

何かしらといっても通例通りアウトドア・キャンプを友人夫婦と行うというものでしたが、外で食すメシといのは年間通してもそうそうある事では無いので、この時期は毎年なにかしらアウトドアを行っていました。

外で食うメシの良さとして、我々の中で特筆されているのが「飯ごう」で白米を頂くことが最もその上位に来ます。

しっかり炊き上がる事はもちろんのこと、たき火の日を利用して飯ごうを熱するので、偶発的な温度要素は非常に高いと言えるのでそこがまた面白味のある事だと思っています。

なんだろうか、アウトドアに求める事ってこういった非日常な空間なのかもしれません。

ちょっと不便な自然の中で火を囲みメシを喰うだけでも、十分に楽しめるのでこれだけをメインに訪れるのも十分に価値があると言えるでしょう。

キャンプと言うと、どことなく初心者ではなかなか難しいのでは?と敬遠されがちといえど、今や至れり尽くせりのオートキャンプ場も多く登場してます。

初心者だからこそ未知の体験という事で経験してみても存分に楽しめるのです。

施設の充実度は場所によるので要注意ポイント


初めて訪れる埼玉県秩父郡にある長瀞(ながとろ)オートキャンプ場へ行きます。日程の関係もあって、よく訪れていた相模湖プレジャーフォレストのキャンプエリアは今年はお休み。

改めて他のキャンプ場へ行くと、相模湖のレベルの高さも分かるので、なかなか良い経験になりました。

自分は車両・移動担当で、友人は現地での野営メシ担当と通年完全分業制に。

双方が出来る事を得意な事をやる方がスムーズに事も運ぶのでなおの事よしとして馴染んでおります。

一番の楽しみでもある飯ごう飯は、やはり火力が大事なのでしょうか。

直火でさっと強力に炊き上げる事でふっくら炊き上がる、というのは炊飯器とかの広告でも載っているように、やはりその通りなのでしょう。

直火だからより強力だからふっくら炊き上がるのでしょうかね?こういう時、なんか自然の力というのか、文明にあまり頼らないで頂くメシの美味さと非日常感に結構感動するものです。

良いことばっかり書きましたが、初めて訪れる場所はアメニティなどの充実度は正直なところ、HPからの情報だけでは不十分な事がありました。

大まかにまとめると今回困ったのは、バスタオル・フェイスタオル類は貸出し無いということ。

仮に貸し出し可能だったとしても、キャンプ場のフロントは17時半には閉まってしまうので、シャワー浴びたい時間帯は時すでに遅しになる。

備えあれば憂いなしではないけど、アウトドアに行く際はこれいらないかな?というものでも、特に初心者は持っていった方が良いと言えます。

慣れてる人だと、経験則で対応が出来るけどビギナーのうちは「これで代用できるな」という感が働かないので、なかなか難しいでしょう。

今回はグランピングに特化して行きましたが、これも施設によってその中身の充実度は雲泥の差なので要注意。

もしサイト見ただけではよく分からないな~という時は、トレーラータイプの宿泊施設を選んだ方が必然と必要な設備はすべて付いているので、間違いないと言えるでしょう。

今回泊ったところはシャワーが付いてないタイプもあったり、シャワーあっても洗面台が無いタイプもあったりなので、結構戸惑いましたので気を付けるべきポイントです。

グランピング=ちょっと豪華なキャンプスタイルがモットーではありますが、施設の充実度にもよるのでアテにし過ぎない程度の期待値で望むとちょうど良いほどです。

秩父の老舗名店・阿左美冷蔵の天然氷を頂く


キャンプ関係なしに、秩父に訪れたら「天然氷」で有名なかき氷のお店も訪れたかったので今回は繋げてみました。

「阿左美冷蔵 金崎本店」を訪れました。真冬のうちに、自然の中で凍らせた氷を使ったかき氷が目玉のお店。

サラッと溶ける氷はもちろんのこと、触感としては非常に軽いのでサクサクと食べれてしまいます。

何より驚いたのは値段も豪華(¥1500)なのですが、かき氷にかけて食べるシロップとその餡(あん)が非常に美味かったこと。

氷はもちろんなんだけど、餡が濃厚でなければこれだけの人気は出なかったのかな?とも思えるような味でした。

三種類の餡(あずき・抹茶・白桃)はどれも濃く特にやはりあずきが秀逸です。

今は何気にかき氷のお店が人気らしく都内にもこうした充実した天然氷で出すお店が出てきているので、別件でそれはそれで試してみたいなと思います。

とにもかくにも、天然の氷はふわっと軽いので画像はてんこ盛りでもサラッと食べれてしまうから女性もおすすめ。

ただし、阿左美冷蔵さんは夏場は日によって2~3時間待ちはザラなので要注意!