なぜ何をやっても続かないのだろう、その原因とは?


何を続けるのにも「なかなか続かない」という事ある。

大抵そういう場合を考えて見ると、自分が本当にやりたくない事をやろうとしている時に多いような気がします。

ネットで新たに事業を始めてみよう、何かお金儲け出来る事はないだろうか?いざやり始めて見たはいいけどなかなか続かない。

ダイエットも初めのうちの強い決意もあれど、いつの間にかその決意も三日後には空腹に耐えきれず思わずいつも通り食べてしまった、間食してしまった、という事って非常によくある事だと思います。

それらについて「なぜ続かないのか」考えてみます。逆にどうしたら続きやすいのかという事も考えます。

モテたい!では不十分、身の危機感は十二分な動機付け


まずダイエットについてです。あくまでワタシの経験した事で語らせて頂くと、「モテたい!カッコよくスマートになりたい」これでも動機としては良いのですが、継続性に欠けてしまいました。

それはなぜか考えると「動機自体が弱い」のです。

自分の中で位置する動機として「決意の柱」が脆いのですぐに折れてしまいます。

確かに始める決意とするにはこれはこれで申し分ないのですが、継続性に欠けるのです。

日が経つにつれてその決意が薄れてきやすいものがあり、その理由は「絶対にそうならなければないけない」事ではないからです。

痩せてカッコよくなってもいいし、ならなくてもいい。結局、どちらでも良いから自分自身が折れてしまいやすいので、動機としては正直なところ不十分と言えます。

今回、ワタシは-26kg減に成功しましたが過去の失敗ダイエットと比べると「健康の危機」で始めたので、まるで動機が違いました。

すなわち、自分の根幹ともなる健康に関する部分は「痩せないと本当にさらなる病気の危険性もある」と医師に言われた事に起因するので、身の危機を真剣に感じた所からはじまりました。

真剣の度合いが強ければ強いほど動機としては十分と言えます。

逆を言えば、続かないという事は今の自分のそこまで必要がない状態だったと言えるので、無理をする事ではないと思います。

続く時というのは自分でも驚くほど真剣に続きますし、ダメな時はいくら動機付けが完璧なようでも、根幹に「~でなければならない」が存在しないなら、そこまでやらなくても良いのだなと自分自身で判断したのです。

続く時は、理屈抜きで否応にも続くのです。

ネット起業であり得る動機の落とし穴は「損得勘定」

ネットで新たに起業しよう・お金儲けしようという時も同じかと言えます。

利益ベースだけの動機だけだと、いざ本当に辛抱しなければならない時期に心が折れやすく結果的に続かない、というのはアフィリエイトなどが非常に的を得て現状を現しているように感じます。

そう、そこまで本当に必要性がないから&おもしろくないから!これに尽きます。

ネット企業にしろ何かを継続的に行いたいなら、自分の好きな事にを全面に挑戦すると続きやすいという現状もあります。

アクセスが集まらない、上手くテーマを拾えないし文章が書けない、という状況でももし本当に自分が好きで行っているなら「まあ、好きでやってるし別に良いかな」と思えてしまいます。

そこに損得勘定が存在しないので、それを行うこと自体が楽しいから結果的に続くのです。

ネット企業で9割以上が失敗してしまうというのは、根本的には続かないからという事が主な要因とも言えるのです。

その理由として、至って簡単で好きでやってるわけではないし面白くないから。

真実とその理由はいつだってシンプルで、やるならば自分な好きな事で継続出来る事をやればいい。

その行為そのものが楽しいと思えることや、そこまで楽しくなかったとしても、自分の中で意味のある事であればあるほど、結果として長く続くと言えます。

だからこそ、好きな事をやろう!そして続けながら楽しもうと心底感じました。

まとめ


強い危機感を持つか、純粋に楽しいと感じる事をやるかが一番継続する。

全く相反する理由ながら、実は「危機感と好きは表裏一体」とも言えるのだ。