初心者こそ記事はシンプルベストを貫こう

100%毎日とは言いませんが、ここ数カ月ほぼ毎日ブログを書いてみていますが、いかに人に見てもらうか?

なおかつ自分の書きつづりたいことのバランスを考えてきました。

人に読まれるブログを意識しすぎて、自分の思うようなブログ運営が出来ないのではないか?

そんな疑問も残しつつ日々、試行錯誤の繰り返しでテーマなども考えています。

あくまでワタシの場合ですが、毎日ブログを書くうえで問題になってくるのは、日々書きつづる中で毎回どんなテーマの記事を書いていくか、という問題です。

考えているうちに段々と書くことがなくなってくることに焦りを感じてしまって、余計に書けなくなっては本末転倒と言えます。

そんな時こそ、思考をシンプルにして「あれもこれも」と取り入れようとしない事も大切な要素となり、読みやすく分かりやすいブログへの一歩となるでしょう。

ワタシたち人間って思った以上に、瞬間その瞬間で色んな発想をアタマの中で繰り返している。

その反面で物すごい勢いで思いついたことも忘れていくのも事実です。

せっかく思いついた良きアイディアを逃さないためには、どうする方法が最善か?ちょっとまとめてみました。

メモを取るクセを身につける事で書きこぼし防止!

ワタシの場合は、早朝から昼間の乗務している時間帯に主なテーマやネタを考えます。しっかり運転に集中せい!と思われるかもですが、それはもちろんの事としてアイディアを思い浮かべるには頭をブログ発想モードに入れておきます。

突発的に「これだ!」と思いつくこと確かにありますが、そんなにしょちゅう突然良いネタが思いつくわけでもありません。

頭の中をブログのネタを発掘するスイッチを入れておくと、格段にひらめく数が変わってきます。

脳は一度考え始めると、検索エンジンと一緒で答えが出るまで延々と思案し続けてしまう特性があります。それゆえに、考えすぎてかえって疲れてしまったという事も起きてしまうのです。

そこを踏まえた上で、ワードごとでも構いませんので要らない紙やレシートなどに思いついた事を「すぐにでも」メモする事を激しくおススメします。

ナイスなアイディアをひらめいても、またほかの事を一瞬考えているうちに、せっかく思いついた良案が消えてしまいます。

さっき良いアイディアが思いついて書こうと思ったのに、いざ執筆を始めようとすると既にもう忘れてしまったなど幾度となく繰り返してきて、非常に悔しい思いをしました。

もし、あなたの頭の中で思いついた発想がたった1記事で10万PVいや100万PVくらい到達してしまうくらいの注目度が極めて高い優良記事となる可能性があるかもしれません。

それを忘れない、逃さない為にもちょっとでも思いついたブログのネタは必ず「メモ」を取って保存しておきます。

この繰り返しが、いざブログを執筆しようと思ったときに「アレ、何を書こうか(汗」と悩み手が止まってしまう心配がかなり軽減されますのでお試し下さい。

ひらめいたワードを集めて文章として少しまとめて構成するだけでも、まるでブログの質は向上してきます。

読まれるテーマも大事だがあなたの特色を活かそう

最もらしいテーマや理屈などを書いたら、あとはあなたの主観もひたすら書き記して良いと思います。

結局のは最終的にあなたの色がなければブログというのもは個性が出てこないので、群雄割拠しているネットでのブログで際立たせるには、必ずオリジナルの部分は必須となってきます。

このような色とか個性と言うと小難しく感じてかえってやりにくいかもしれませんが、ただ思うがままに書いてみて、やってみた自分の感想を書き記し、あなたの言葉で表現するだけでも個性がハッキリと出てきます。

人はそれぞれ唯一無二な存在であるとも言われているので、似ている事はあれど全く同じになるようなことはありませんし、だからこそ、あなたの言葉であなたの色を出し切る事こそ、ブログでの個性に繋がるのだと言えるのだ。

どうか難しく考えずに、最初のうちは思うがままに書きつづってみよう。

少しづつ数をこなしながら、もっと文章のレイアウトは~した方がよい、重要なテーマやワードを改善してみようなどの案が出てくれば、その度にチェンジしたり取り入れてみれば良いのです。

最初のうちこそ、あれもこれも取り入れようと一生懸命になるけれど、そこは落ち着いてとにかく読みやすくシンプルな記事こそ、結果的に支持も得やすく「自分自身」にとっても書き進めやすいブログとなってくれるのです。

まとめ

難しく考えずにシンプルに、自分が書きたい事も書いてみよう。

その中で少しだけ周囲が求めているワード・テーマも散りばめながらブログの記事を起こしてみる。

意識しながら書くことも大事だけど、やはり初心者のうちは記事の数をこなす事も文章を上達させるコツなのだと学びました。