完全埋没型の親知らずの歯

10年位前だったかろうか、左下の一番奥歯=親知らずが一部露出していた部分が虫歯になってしまったところで、「親知らず」を抜歯したことがあります。

その時も反対側の下にも、完全に埋没しているけどもう一本あるからいずれ抜いたほうが良いね~、何て当時通ってた歯科でも言われていたものの・・・。

あれこれする事もなく10年以上の月日が流れ、たまたまなのか今日ようやく2本目の親知らずを抜く事となりました。

たまたま、いま現在歯科に通ってたから「そろそろ処置されたら?」と言われ、その先生の出身の大学病院を紹介されたので、今日右下の親知らずを抜きました。

こういったキッカケないと、なかなか抜歯する機会ありやせんやね。

思ったより時間も掛からないので、抜ける時に抜歯しよう

10年以上前に抜歯した時は、親知らずの一部が虫歯になっているから、早い段階で抜いた方が良いなんて話だったものの、今回はそうではなく急ぐ必要性はありませんでした。

完全に歯ぐきの中に埋没しているために、表面からは一切見えないので虫歯になる心配も無さそう。

ただ、放置してるのもアレだから遅かれ早かれ抜こうね~が今日やってきたという訳だった。

放っておいても良いのだろうけど、今後の長い目線で考えると何らかの諸事情で虫歯らやトラブルを抱える可能性があるので、抜けるなら早いとこ抜きましょうね、との事です。

紹介された大学病院へ行くと、そのかかりつけ医の先生の大学時代の同級生だった先生が治療してくれることに。

女性の先生で「かかりつけ医の●●先生のもそうだけど、お互い良い年齢になりましたわ~ハハハ」と言われるも、何て返したらよいか分からず焦る、まさか一緒にハハハ~そだね!と言えるわけもない(笑。

しかし自分と同じ年齢位の先生かな?と思ってたので、若く見えるからとても驚きました。

治療の方はさすがの口腔外科専門医だけあって、パパパッと20分くらいで終わってしまいました。

麻酔治療もあるのですが、体質とかその時の歯の状況などで使用しない方が良い事もあるので、と言われ一般的な部分麻酔での治療ととります。

親知らずの生え方にもよりますが、慣れた先生がやれば劇的に痛いものではありません。

やる前はどんなものか?朝からあまり良い感じはしてませんでしたが(笑、思ったよりあっという間に終了します。

施術する大学病院の先生とこそ、意思疎通は最も重要!

10数年前もそうだったけど、問題は治療中よりその後1~2日が鈍痛のピークが来る事を思い出します。

こうやって文章をつづっている間も、痛み止めを飲んでいるとはいえ鈍痛はしますので、やはり明日あたりがそのピークなのでしょう。

上記で20分くらいで抜歯は終わると書きましたが、歯の形状などが特に変形でない限りはそれくらいで終わりますが、根が大きかったり、変形して曲がってたり、神経と交差するような生え方をしているとなかなかそうも行かないようです。

こういう手術するもの全般に言えますが、小さな疑問や不安は何でも担当医にぶつけましょう。

大学病院の先生って、独特な感じがして聞きたかったことや言いたい事が言えなかった、なんて話も聞きます。

臆せず率直に意見を言う事は非常に大事なので、遠慮なく聞いてみる事をおススメします。

治療費は6000円くらいでその後の痛み止めなどの薬代を入れても7000円もしませんでした。

もし、時間の事や医療費のことで思案中の方もそこまで大きな負担にならないと思うので、抜ける時に早めに抜歯されることをおススメ致します。

明日はまたかかりつけ医にて、抜歯した後処置の消毒をしに行って参ります~。

抜歯以外はかかりつけ医でやってもらえるのは助かりましたので、スケジュールが忙しい方でも対応は可能でしょう。

縫った糸を抜くのは一週間後が相場です。