複雑高度な東京の道路で自動運転はデンジャラス!

「東京都・自動運転タクシーを初公開」

こんなニュースが配信されていました。なるほどな~いつの日かは、自動運転技術というもの自体は確立してくるでしょう。

そもそも、自動車ですらここ100年位に確立されたものですから、それを考えれば完全自動運転化というのも将来的に見れば大いに実用化は考えられます。

ニュースのように東京都が行った実証実験にタクシーの自動運転のデモンストレーションが行われました。

道も複雑でお客さんの要望もより複雑な東京の街で、どれほどまでに通用するのか、どのような運用形態で実証は行われるのか、考えさせられるものはあります。

ワタシ的に、色々考える所はあるのですがそもそも、同じ路線や駅・停留所などが存在するバスや鉄道ではなぜ未だに自動運転化が実証実験すら行われていないのか?そのあたりが非常に不思議でなりません。

お客さんの目的地も、乗車する場所ですら不特定多数な変則的なタクシーで自動運転を行う事の方が技術的にもかなり難しいのに、同じ路線や軌道を走る電車や路線バスが未だに自動運転の開発の話すら出ていないのはなぜなのか?

真っ先に自動運転されて良いのは鉄道では?

厳密に言えば、自動運転化の取り組みが無いわけではなく遅れているというのが現状のようです。

JR東日本も鉄道運転士の大量退職などで、現場での乗務員不足が慢性的に発生してるようで、将来的な自動運転化の方針を経営の方針として固めた、との報道発表も今年の春先に出ました。

線路の上を走るので、正直なところ一般の道路などに比べたら、飛び出しや他の車両と共存する環境とはまた違った鉄道の方が自動運転化ははるかに行いやすいのでは?と考えられます。

大量輸送の重責を全うできる技術開発の遅れ(予算面などでも)が、大きな一因でしょうが少なくとも自動車よりも技術的には容易なのでは?といくらか思ってしまいます。

飛行機の航空技術にも自動運転というのは既に導入されており、離着陸以外はオートパイロット機能で地上のはるか上空を世界中に飛ぶ旅客機はまさにその技術の塊と言えるでしょう。

地上のオートパイロットは、鉄道・または路線バスなどで導入がされても良さそうですが、全くそういった話は進んでいません。

陸路・空路の交通機関は共に乗務員不足が大量に起こっているのに、この問題には常に後手に回る対応が今の危機的な状況を招いたとも言えるのではないでしょうか。

自動車での自動化より、大量輸送の特色をより強く持つ鉄道や路線バスでの導入が本質的には望まれるのではないだろうか。

まとめ

障害物アリ、飛び出しのクルマや人はいる、行き先も乗せる場所ごとで全く違うし、経路の指定もある、そんな不規則極まりない交通機関で自動運転化を急ぐよりも、

より大多数の人が利用し、軌道や行き先も限られてくる鉄道や路線バスでの自動運転実用化の方が急務なのではないだろうか。

国や業界団体の狙いや本音というものを、ぜひとも聞いてみたいものです。