ユニクロ・ニトリ~業界のイケイケ店舗にお邪魔した日

急きょ、実家の予定に合わせる為に本日はお休みに。

休みが取りやすいというのは今の仕事の良いところだけど、手を抜こうと思えばトコトン抜ける危険性も含む=収入にダイレクトに影響する。

自制心が強くないと、自営業にしろワタシのやってるタクシー業務は難しいと改めて感じます。

一度手を抜いて休み始めると、元に戻すのはトコトン厳しいのは何度も経験しています。

売上もいかに高い場所を目指すよりも、日々の売り上げをいかに落とさないか~に意識を向けた方が結果的に月間や年間で見るとプラスになってる事も多いのは周知の事実です。

さて、家の買い出しに付き合わされてクルマで都内に出ます。

久々に「お値段以上~ニトリ(大型家具店)」と「ユニクロ」に家財道具・季節もの衣類を買いに出かけましたが、何だかんだ言ってもここへ来ると購買層をよく把握してるなと思います。

ワタシみたいに、何となく雑然としたイメージを持って買い物に来るお客さんが実際ほとんどだと思います。

そういった層にいかに買わせるか、その手の内を勝手に分析してみました。

あ、ユニクロニトリモールって両社の合体店が関西には実在するそうです。

購買層被るし、ジャンル違うから競い合いにもならないから相性が良いのかもですね。

何となく欲しいものを具現化するのが抜群な両社

ごく初歩的・当たり前の事なのでしょうが「あ、これ欲しいな」と言うものが、それなりにお安く置いてあること。

例えば今日のユニクロ。ちょうど、昨日・一昨日くらいから急に肌寒くなってきたので自宅で半パン・Tシャツで過ごすには絶対に寒くなってきた。

先取や購買層の把握に長けてるユニクロ、テレビなどで派手に宣伝を打つけど、何気にワタシのように漠然と来るお客の欲しいものは大抵は揃えてるということ。

今回の場合は、ラフに過ごせる家着。意外と一般の衣料品店で探すとズボンと上着は当然ながら、別々に探さなければならなく、なおかつ生地や保温性も重視したい。

そういった「なんとなくお客」の買いそうなもの、先取して取ってありなおかつ上下セットでも販売している事は非常に助かります。

購買層で、ワタシのような「こだわりないけど、何となくコレ欲しい」という漠然とした欲求を持ったお客にいかに買わせるか、その先取とラインナップの豊富さが売り上げに繋がっているのでしょう。

同様に、大型家財道具を取りそろえる「ニトリ」も同様です。

引っ越し、大型家具・寝具を新調したい~と思い店頭へ行くと、やはりユニクロ同様にお客が欲しそうな「何となく」を具現化し、ラインナップを揃え選択肢を与える。

両社に共通するのは、なおかつ「それ相応にお値段以上~」言うだけあり、割安に提供されています。

今年の流行りの色は何か、単身者が特に欲しがるアイテムは何か、両社共々に下地の研究に余念がないのでしょう。

「なんとなくコレ欲しい~購買層」を制する会社が、その市場を制しているように思えました。

何となく層はこだわりがなさそうだけど、掘り下げると実はこだわりは一番強いので、なかなか難しい客層に思います。

まとめ

これらがさらに鋭くなってくると、今年はコレが流行る!とか流行を生み出すとかにも発展するのでしょう。

流行とかに関心まるでないけど、新たな波を作り出すのは素晴らしい事だと思うし凄いことだと思う。

ニトリじゃないけど、お値段以上~で扱う今の商品が一番買いやすく使いやすいからしっくりきますな。

ヒートテック、あれも毎年ニューバージョンだしてるけど、今年は痩せたのでかなり寒さには敏感でしょうから、さぞかし世話になります&期待してます。