失敗し群れて嘆くと余計失敗する

191
あまりにも仕事でも勉強でも失敗が続いて、先行きが見えなくて落ち込んで意欲も湧かない、そんな事は人生において何度か体験するのではないでしょうか。そういう時ほど、よかれと思って先手に回って取り組んできたような事でも、かえって事を悪化させてしまったり悪循環により一層陥ってしまう、しかしそれでも手を止めずに歩みをストップさせない事こそ一番の成功への近道と言えるのです。

成功素材である「失敗さん」を粗大ゴミ扱いしない

失敗は失敗でも、その場で落ち込んでしまっただけでそれを今後の糧にしない、というのが一番もったいない行為です。人は失敗を省みないことを愚かと言う場合もありますが、愚かと言うよりむしろその失敗を活かさないほうが、人生においては非常に勿体無いと言えるのです。

その失敗には理由があって、なぜ失敗したかを考えて原因をあぶりだす事によって、あなたが今後また同じ機会に遭遇したときに、その失敗はあなたを間違いなく「手助けしてくれる」そんな存在になるからです。

ただ、その貴重な失敗体験を嫌な出来事、思い出したくない記憶にしてしまうように、ゴミ同然に扱って捨ててしまっては、今後の成功や発展に繋がりませんし、しつこいようですがもったいないです。それ位失敗体験には成功する素材が落ちているのです。

ちょっと意識と視点を変えるだけで、あなたが嫌なことだと思い忘れ去ろうとした事も、実は扱い方一つで成功への導きになってくれる貴重な存在と思い向き合って見ると、きっと人生観が180度変わる程の大きなターニングポイントとなるのです。

あえて失敗し負ける達人も居る

max16011542_TP_V
失敗の原因を考える、なぜそうなったのかを導き次に繋げる、その繰り返しが未来の成功という名の最短ルートなのです。結果的に遠回りにも感じますが、その地道な分析と自分を客観視出来る心構えこそが失敗がもたらしてくれる一番の贈り物と言えます。

だから、失敗が続き先行きも見えない、そんな状態が続いても決して後ろ向きにならず諦めないでください。あなたの失敗君との向き合い方一つで、失敗は最高の親友にもなってくれます。9回失敗を嘆くなら、失敗を逆に味方しに1つの成功へつなげる事こそ、やがての大成功に繋がるのであり、失敗はむしろ神様がくれた大チャンスに違いありません。