ゴシゴシよく洗うならやはり固形がベストだ!

テレビやメディアでも最近放送していたのでしたが、今や「固形石けん」が密かに流行ってる・増加しているそうです。

こちらの記事も参照下さい。

固形石けんとは、文字通り直方体の白い塊のもの。

今や石けんと言うと、ハンドソープのような泡立つようなものが一般的とされている事の方が多いように感じます。

現に自宅のソープを見てもやはりポンプ式のハンドソープですし、替えもそれ専用のソープ液を詰め替えで足しているのがほとんどです。

記事でも見かけましたが「固形石けん」はここ五年間で十パーセント以上も確実に売上を伸ばしてる所が面白いのです。

この記事を見かけた時は「分かる人には分かるのだな」となぜか非常に嬉しくなりました。

かくいうワタシも、自宅では固形石鹸はなかなか認められないので、ワタシだけ少数派のようですが、職場の洗面台には固形石鹸があるのです。

おそらく経済的で色んな人間が使用するから、職場には固形石鹸が置かれているのだと推測します。

その職場の固形石鹸で仕事終わり&洗車終わりに、ゴシゴシ念入りに手洗いをする事が最近の非常に楽しみな瞬間でもあります。

アライグマのようにもみ手でやたらゴシゴシ固形石鹸で洗うのが良いのです。

ここへ来てなぜ固形石鹸の人気が盛り返してきたのか?ちょっと考えてみました。

固形石けん女子たるも登場!固形は経済的で若者人気

記事にもありましたが、ハンドソープ的な一般的なものより固形石鹸はまず「リーズナブル」な点が非常に受け入れられているようです。

固形石鹸で有名な「牛乳石けん」では通常サイズの固形石鹸はなんと100円というお財布への優しさ、経済的具合は非常に良好。

花王のホワイトでも百数十円でお買い求め頂けるので、使用頻度にもよりますが自分一人で使うなら数カ月は十分に持つでしょう。

ワタシ個人的に、固形石鹸が好きなのは「しっかり洗った感じがする」ということ。

白い塊をちょろっと濡らしてゴシゴシ手に付けて、もみ手で汚れた手を隅々まで洗う作業がまた何とも良き匂いを手に植えつけます。

じっくり丁寧に、それも濃く洗えるところが固形石鹸の強みというのか、ワタシとしては大好きな部分です。

人によっては、共通の洗面所で前に誰が使ったかも分からない石けんで手を洗うのは、いささか抵抗があるという人もいるでしょう。

そういった気になる人でも、その石けんの塊を一度水道でサラッと洗い流してさえしまえば、なんら問題はないのではないでしょうか。

まとめ

固形石鹸の魅力は何よりも「安くて長持ちする」が決め手となっているようです。

ワタシ個人的には、白い塊を直接洗いたい手に擦り付けて手を馴染ませるので、より洗った感じがして好きなのです。

ソープタイプのでももちろん効果は同じなのですが、あの塊でゴシゴシ洗う感じが何よりも洗っている感を出してくれているのでしょう。

実際にしっかり隅々まで良い匂いがしみ込んでいますので、そういった効果は非常に高いと言えると思います。

子どもの頃だったか、薬用石けん「ミューズ」の石けん型のハンドソープが出た時、その形状の面白さから買ってもらいたかったが、見事にスルーされる。

牛乳石けん・花王のホワイト・薬用石けんミューズは今でも国内固形石鹸業界の御三家であるに違いない。

牛乳石鹸~よい石けん~♪