走りにくい首都高速も主催者が立ち上がる!

都内に住んでいる人でも、首都高を走るのは嫌だな~抵抗がある、という人も多いと思います。

複雑な経路にあまりに多い交通量、右側・左左側からの合流や出口が分かれていたりとにかく慣れないと不規則極まりない道路という印象です。

そんな首都高も、慣れない人や時にペーパードライバー向けの講座を開いている事が分かりました。

株式会社首都高速道路が自ら主宰する首都高ドライブ講座たるものがあるようです。

自らの道路を自らで講座を開くというのは面白い取り組みで珍しい形と言えるかもしれません。

ワタシも仕事上毎日首都高速を走っていますが、たとえ慣れていても危険を感じる事が多いので、せめて道路の大まかな道筋だけでも覚えておく方が得策と言えるでしょう。

極端に短い合流車線と、左右から来る合流・分岐の連続でとにかく「?」な構造が多いので、その走り方を専門家に習うのは有意義と言えます。

ワタシも普段首都高速で走るエリアはまだ良いけれど、あまり走らないエリアはいくらか緊張します。

迷路のような首都高速も事前の把握の徹底を

上記の画像は箱崎ジャンクション(分岐)ですが、車線ごとに行き先が違う所も全く見難いし初めてだと特に焦る箇所でしょう。

自分が降りるべき道路は何号のなんという出口だったか、高速の流れに乗るのが必死でつい忘れてしまった~なんて事もあると思われます。

首都高に乗る時も、上り向きには入口があって、下り向きには出口しかないという箇所もよく見受けられます。

地名だけ見て「あそこから高速乗れるな」という覚え方をすると、面喰ってしまう事も多々ありました。

さすがに、最初から全て乗りこなす・使いこなすという点までいかずとも、せめて安全な走り方を覚える意味では有意義なイベントかと思われます。

首都高に限らず、高速は出口=降りる場所さえ間違えなければ、大きな間違えにはなりません。

自分が降りたい出口を把握し、その道筋を大まかにアタマに入れておけばどんな高速道路であれ、大きく迂回しなければならない、という事態には陥りません。

首都高のように複雑な道路だと、時に思っていた方向とは違う方へ行ってしまった!なんて事も考えられるので、注意には注意が必要です。

走りにくい道路かもしれないけれど、慣れてしまえば首都高速は活用するに十分値する道路なので、事前に大まかに道筋を把握するだけでも十分有効だと言えます。

あまり知られていないけど、小さいながらもPA(パーキングエリア)は至る所に首都高速も構えていますので、いざという時にトイレなり考えれば場所だけでも覚えると非常に便利です。

慣れてくればどのあたりがよく混雑するのだとかも把握できるので、まずは自分の家から良く行く都心部までの道のり一本だけでも抑えると、そこを起点に道が広がると言えます。

まとめ

一辺に色んな道路を覚えようとしないで、まずはよく使う区間・高速だけ覚えてみると、そこが起点となり他所へ広がる事も多々あるので覚えると便利です。