お客さんとの会話でよくあるもの、特に多いものとは?

日中のお客さんで、年配の方も多くご乗車頂く機会が多いです。

ワタシが乗務員をやっている中では、かなり若い部類に属するので大抵それらのベテランおばちゃん層から決まって受ける質問がいくつかあります。

お天気、今日は雨降るのか、これからの季節寒くなるのか、急に暑くなったりで参るね~とかそんな話題から。

特に多いのがなぜだか「おたくは結婚してらっしゃるの?」という、なぜかやたら突っ込んだ質問が多かったように思えます。

たわいもない世間話なのですが、一定の年齢以上のおばちゃん層からすると、良い年頃の若いもんがいつまでも一人でいるもんじゃないヨ、もったいないという意見が根強いようだ。

この問いかけも昼間なんかは比較的多く聞かされるので、なれっこではあるのでこちらもそれ相応に応戦したりしています。

Q・なんで結婚しないの?若いんだから良い人たくさんいるでしょうに、という問いには

A・友人や会社の同僚も結婚してるのいるけど、みんな結構苦労してるの多いのですよ。してみるのと、やってみるのは大きな違いがあるようで、離婚になったケースも少なくないのよ、とか。

Q・なんで若い子らはそんなにすぐ別れたり、離婚になるの?

A・女性も仕事たくさんできるし、働き口も探せばあるから絶対に我慢しなきゃ!という風潮は今はひと昔前ほど無いと思いますよ、我慢も大事だけどそれが美徳となる時代でもないようです。

と、こんな具合に昔も大変だったろうけど、今は今で大変で事情がちょっと異なるだろうから、もろ手を挙げて喜んで結婚します!とはなかなか行かないよ~なんて言い回しで、やんわり応戦します。

ワタシの周りの友人や先輩とかも、なかなか結婚生活で苦労してる人たちは多いよ~なんて言うと、

「そんなもんかね~、今と昔じゃ事情も違うからしょうがないのかね」なんて、おばちゃんは引き下がってくれます。

大抵この手の話になったら9割以上はこのパターンで畳みかけますが、つい先日初めてワタシが返す言葉が無かったそんな展開になりました。

最初から出来上がった愛なんてあるわけない!

自分の親くらいの年齢のおばさんだったろうか、熊本出身らしくちょっとお国言葉の熊本訛りが出ているご機嫌なおばさんご乗車。

上記の定型文的な問いかけとやり取りがはじまりました。

自分の親くらいの齢60代後半くらいのおばはん乗っけると、結構この手の質問が多い気がする(汗。

おば「何で結婚しないの、良い人いないの?」

わし「いや~結婚してもみな苦労したりケンカしたり、離婚に至ったり難しい話よく聞くし、そう簡単には出来ないよ~」といつも通りリターンします。

すると、おばちゃんから想像もしえなかった、強烈なリターンスマッシュをくらいます。

おば「なに言ってるかね~、最初から出来上がった愛なんてどこにもあるわけないじゃろう。愛はお互いで作るもの、育むものなの!苦労して育てた愛の方が大きくなるの!」

わし「ナッ!?・・・」

思わぬ返答がきたので、返す余地がありませんでした。

漫画や小説の中からくり抜いてきたセリフ的なおばちゃんの返答に、的確な言葉を返すことが出来ません。

実際に結婚を経験した人にしか返せないレベルの問い掛けですね。

その結婚が上手くいこうが、失敗してしまったとてしも、それを一度でも経験していないと語れない領域の話だと言えます。

よくよく聞けばおばちゃんは、自分の両親や相手の両親、もちろんお相手の旦那さんにも非常に恵まれたとか。

今日まで非常に幸せにやってこれたとのことで、それを初見の赤の他人のワタシに語るのだからよほどの事でしょう。

初見の人だから何とでも言える、という見方も出来ますが(笑)、この方は本当に幸せだったのでしょうね。

しいて言えば、適齢期をやや過ぎた自分の娘さんが仕事一本やりで結婚に見向きもしないのが、非常に不満らしい。

女性の社会進出が目覚ましく、それだけ積極的に活躍できる場が多くなっているのは良い事ではないですか~、と繋ぐもやはり不満らしい。

それは、ご家庭に帰ってよく話し合って頂かないと…。軽く人生相談所代わりになる密室カンサツ系タクシー車内でした。

まとめ・後記

「最初から出来上がった愛なんてありゃしない。愛は作るもの、育むもの!」

おばちゃん降りた後すぐに、レシート持って行かなかったからその裏に今の車内のやり取りを、忘れないうちに必死にメモりましたね(笑。

これはブログで使うしかないと。