数日前、久々に地元の昔からの友人と会う。

幼稚園くらいから知ってて、今も近所に住んでいるのでかれこれ30年以上の付き合いといってもいいかもしれない。

すごく親しいというわけではないけど、定期的に会う仲ではあるのでお互いの近況とか話したり、誰それは最近どうしてるとか、その周囲の友人の話にもなったりする。

話す事と言えばそういった昔の友人の話であったり、仕事のことであったり。はたまた今回、人生観というかそういった大きなテーマであったり、お酒も飲まずによくもそこまで語れたと思う。

仕事が順調で稼ぎがついてきたとしても、人はどのあたりで幸せとか幸福感を感じるのかね、お金は一体いくらあれば足りるのかねとか、漠然な大きなテーマであったりもする。

価値観に関わる部分が多いだろうか。結局は、どこで本人の「充足感」を感じる事が出来るかが全てだ。

年収400~500万円あれば十分だよと思う人もいれば、年収1億円以上あってもまだまだだな、と感じる人もいるだろう。

どっちが正解かとか言う話でもなく、いかに自分が「十分だ」と思えるレベルに達したか否かで人生観・幸福感は大きく変わってくる。

極端な話を言えば今すぐここで心底「満たされてる、ワタシはなんて幸せ者だ」と思えれば、もはや人生の真の勝者ではないだろうか。

そんなたわいもないようで、結構深い話を夕暮れの近所の焼肉チェーン店で、ドリンクバーだけ利用しつつ話に入れ込んだ有意義な時間だった。

みんな成長したなあ、とか勝手に思ってみたりもした。

そんなこんな、翌日早朝はいつものごとく仕事。昨日の話をぼんやり思い浮かべながら、みんな成功してるんなあ、さて自分はどうこの先駒を進めようか、とか何となく考えふけっていた。

朝方、誰も乗車していない時はラジオをよく聞いている。

最近はワイドFMといって、既存のAM局がFMでも聞けるようになった、というものをよく聞いている。

TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送などがワイドFMにあてはまる。

夜中のAM局はトーク番組も多いし、FMのようにロック過ぎる海外の楽曲をひたすら流し続けるわけでもないので、ぼんやり聞いてても結構楽しいのだ。

文化放送だったかな、「走れ歌謡曲」っていう日野自動車がスポンサーになってるいかにもドライバー向けの夜中の番組がある。

どうせ昔の曲や演歌とかばっか流すんだろって番組名ながら、結構現代的な楽曲も流れてくる。

ぼんやり例の如く聞いていたら、漠然と物凄い懐かしい曲が流れた。

95年の曲で自分が中学入ったころだろうか、多感な時期ですよな。

その当時を思い返すと、周りの友人たちほど音楽にも興味無かったし、漠然とこれからの事や学校環境の変化、高校とか将来にモワっとした不安を持っていたっけか。

動画のコメント欄を見ると、同世代かもう少し上の世代の人か「あの頃に戻りたい(涙」というコメントが非常に多い。

なんだろうか、そう言われるとこの曲調とボーカルakkoの音程が何故か過去を思い起こさせるものを持っているのだろうか。

そう共感する人が多いのか、やはり動画のコメント欄にもそのような率直なコメントが多く並ぶのは、みな一様に同じような事を感じたのかもしれない。

あの頃は良かった、というつもりもないけどもし戻れるとするならワタシは何をしていただろうか、とふと思ってみたり。

中学生当時、今ほど世の中に染まっていなかったので純粋にやりたい事を追求していた頃だったか。

バスの運転士になりたいという思いは、幼少期からあったので当然中学生の当時も同じ事を思っていたし、実際に大学卒業して念願だった運転士になる事も出来た。

今こそちょっと違う道にはいるけど、実際にやる事が出来たしその分憧れとかだけでは見えなかった苦労もたくさんした。

ネットがキッカケで知り合ったリアルのバス乗務員の先輩方ともお会いする事も出来た。

一番やりたかった観光バスの仕事でクラブツーリズムのツアーのお手伝いさせて頂けたのもありがたい一件だったな。

そこで現実を見て、自分はここまでだなと思った事がキッカケで道を変える事になったっけ、健全な諦めがついた非常に有意義な経験になった。

また、パソコンで畑違いの事をやってみて全くダメで甘ちゃんだったなと痛感(ものすごい激痛といえる)した記念すべき30歳の一年もあったか。

良くも悪くも純粋にやりたい事はやってきたから、今は今でいいかって言う事を言いたいだけです、ハイ。

ふと流れたラジオのほんの一曲でここまで振り返る事が出来たのは、感慨深いなあ。

自分の選曲じゃこの曲は出てこないんだ。でも、やたら昔を思い出すんだ、この曲は。

なぜだろう、そんな力があるんだろうな。

ふと振り返ったけど、振り返るにはまだ若いか、36歳になったばかりだけど(笑。ええい、人生は今とこれからが大事なんじゃい。

お届けしたのはMy Little LoverでHello, Again ~昔からある場所~ でした。(ラジオ調)

追伸~

それぞれの人に、それぞれの一曲とそれぞれの今日の今この瞬間まで歩んだ道のりがあるでしょう。

みなさんの、思い出に残る一曲とそのエピソードのお便りお待ちしてます。(またラジオ調)