同じ場所を歩いてばかりいても身が入らない?というか飽きてしまうので、色んな所に出向いている。今までは圧倒的にクルマ移動が中心だったので、電車など交通機関を使った移動自体が久しいのと、その周囲の光景も目新しく見える。

これの一番の楽しみ方は、あえて行き先を決めないで気ままに出かけるということ。前回も電車に乗る予定は無かったものの偶然にもタイミングがあったがゆえに、乗り継いでいくというタイミングという縁だけで行動した。

去る2019年11月30日に相鉄・JR東日本による相互乗り入れ運転が相鉄線の西谷駅から分岐し、羽沢横浜国大駅を相鉄が新設しそこからJRの既存の貨物線を経由して東海道本線へ乗り入れし、直通で新宿駅まで乗り入れるする大きな変革期を迎えた。

かくいう西谷駅は学生時代に通ってた近辺なので非常に土地勘があるということもあり懐かしい所だ。この日は奇遇にもお隣りの相鉄・鶴ヶ峰駅から電車に乗ろうとした所、次に来る電車がこれまた奇遇にも「直通・新宿行き」だった。

14時台の日中ど真ん中という事もあって1時間に直通乗り入れは一本しかないようで、何ともラッキーなタイミングだったので乗ってみる事にした。本当は横浜方面へ出ようと思っていたが、直通線は全くの初乗車だった。

鉄道の事は詳しく無い、ということを先に述べておくが相鉄線を定期的に乗っていた利用者目線からすると、相鉄駅にJRで使用される埼京線車両を見かけるのは何とも不思議な気分となる。相鉄って長年神奈川で単独運行してるイメージが当然強いせいだろうか。

西谷駅で分岐して新設された羽沢横浜国大駅で運転士と車掌が相鉄とJRで入れ替わるようで、しばらく停車する。この駅もまもなく開業一年となるものの非常にきれいで新しい。この駅に着くこと自体が初とあり非常に新鮮に感じる。

この駅を出発すると完全にJR側の運行となる。貨物線への乗り入れ経由なので、普段見慣れないような貨物車両が留置されていたり、この羽沢あたりの電車風景も初であり非常に不思議な感覚だ。昨年の開業時は、鉄道ファンからすると大きな1年だったのでしょうな、ワタシは去年何していただろうか、大した記憶もないくらい、余裕が無かったなと振り返る。

武蔵小杉駅を過ぎて多摩川を渡ると、直線区間からなのか一気に速度が上がり始める。コロナ禍対策もあって車両のあちこちは軽く換気の為に窓ガラスが開いてるので風がものすごく音と圧で入ってくる。在来線ってこんなに飛ばすもんなんだなと、これまた不思議な感覚になる。普段、クルマの仕事してたがゆえに速度には敏感?なつもりではいるが。。。

後にサラッと調べてみたら、この記述したあたりの区間は120㎞位で走行するらしい、JR東日本のこのあたりの在来線の最高速度が120㎞らしいので、相鉄線内ではまず無い速度だったので、不思議な感覚になったのだろう。

東海道新幹線の線路も並行している区間なので、これまた偶然にも東京行きの「のぞみ」号が軽々とあっという間に抜き去っていく。鉄道の事はあまり分からないけど、新幹線のポテンシャルの高さって凄まじく高いなと思った(笑。

アマチュアでも鍛錬に日頃から鍛え込まれたランナーと、オリンピックや世界選手権などに出場する選手が競争しているようなイメージだ。最高速度とか気になって、新幹線ってどれくらい最高速度出るのかとか調べてみると、これまた凄まじい事が分かる。

東海道・山陽新幹線(東京~博多間・新大阪までJR東海による東海道新幹線・そこから先は西日本による山陽新幹線)は、東海道側の営業速度(お客さん乗せて)は285㎞、山陽側は300㎞まで出るという。東海道はカーブなどが多い為に構造上の問題でやや低めとなってるようだ。

今年の7月にデビューした新幹線「N700S」という車両は、360㎞の運転は可能だそうだ。YouTubeにその試験走行時の360㎞運転の動画があったので、車内から・外側からの様子を参考までに。※のぞみの最終列車を見送ってからの実験なので、夜間の映像となります。

お客さんを乗せた上での営業運転で360㎞に達するのは、まだまだ先の事でしょうが車両の能力としては既に360㎞走行は可能のようです。東北新幹線でも400㎞走行を目指す実験が行われるような報道もあった。札幌延伸を見込んで330㎞での営業速度を上げたい意向があるようだが、どうなるものか。

20年以上前に修学旅行で新幹線で京都までって機会があったが、当時ののぞみで「新横浜駅」を現在みたいに全て停車しない時代、すぐ近くを新横浜駅のホームで猛スピードで駆け抜けるのぞみを見た時の風圧と迫力に圧巻されたが、この最新鋭車両は見た目はさほど変わらないが、さらに圧倒的な能力を秘めている。

今年の5月に岡山から新幹線に乗る機会があったが、新横浜まで3時間くらいだっただろうか。そう考えると、リニアモーターカーの計画もあるけど、本当に必要なのだろうかと思えてくる。科学技術の進歩の観点から言えば必要だろうが、環境問題のことや、安全面、国を挙げての事業とも言えるので総工費など様々な問題に直面している。

リニアとなると、営業運転が計画上だと500㎞で車両の能力としては600㎞走行が既に可能になっているという。(2015年の時点で、その動画もありましたが)そうなると、運転士である人間の眼が速度に追いつけない、という話しも当然ある。

戦闘機みたいにマッハ1とかで飛行するものもあるけれど、戦闘機のパイロットは各国の軍隊などの超精鋭の選ばれしものが操縦している。もちろん、新幹線やリニアも選ばれしものが運転しているが、基準に達する人材がどれほど定期的に育成など出来るか、動かす人間の面での問題もある。(機械による自動運転の話しにも当然なるでしょう)

相互乗り入れ在来線120kmの話しから新幹線・リニアへと相当話が脱線したが(笑、現実における最新鋭車両「N700s」は既に営業運転を行っている。現行の285㎞という営業速度最高速を楽々発揮する能力があるので、非常に安定感もあるという。

日進月歩というのか、人類科学の発展はすさまじいものがあるな、という壮大な観点で締めたいと思います(笑。

PS

1964年10月1日に初代新幹線は開業したが、50年以上前に営業速度で210㎞をマークしたその時の方が、猛烈な速度に見えた事でしょう。(↑初代0系動画)