本日は成人の日!本来なら祝日で人出も多く予想されたでしょうが、コロナ禍の緊急事態宣言下でどんな日となるか。

そんな祝日を交通安全の目線で一つ書いてみようと思っていると、非常に分かりやすい映像が見受けられたのでご紹介。

大型車における、オーバーハングというものがどういうものかを検証した映像で、一般においてなかなか分かりにくい現象だと言える。

大型のトラック・バスが右折・左折する時って、映像のように大きくお尻を振る事がある。(オーバーハングをケツ振りともいう)

理屈で説明しても、なかなかピンと来にくい現象なので、改めて警笛を鳴らしたいと思う。

この現象を一般車のドライバーも知っておくことで、このような接触事故を自分のいる街中でも減らす事が出来る。

大型車は、後輪から車体の最後尾までがどうしても尺があるので、映像のように停止状態に近い状況から、一気にハンドルを切るとお尻が残ってしまうのだ。

大型車も少しづつでも前進しつつ、ハンドルを切る事でケツ振りの接触事故を減らす事は可能なのだが、例外もある。

映像の場合は左折だが、左折先の対向車が停止線を超えて前に出過ぎていると、映像のトラックのように、一気にハンドルを切らざるを得ない状況が、街中だと意外とある。

これを防ぐには、二輪車や他の乗用車は、大型車の旋回時に無理に後ろを通り抜けようとしないこと。

通る場合にしても、十分な車間距離を確保すること。

大型の運転手も、映像のように二輪車や他車の後ろを曲がらなければならない時は、前進を意識しつつハンドルを回していくことが求められる。

ワタシもド新人で、路線バス乗務員で配属された路線で、映像のような感じで、狭い裏通りを、どうしても曲がらなければならない状況があった。

大きな駅近くの踏切の手前を、右へ曲がらなければならない。

しかし、踏切待ちの乗用車が常に数台いるので、どうしてもその後ろを曲がらないと行けない状況。

急行電車なども停車するターミナル駅だけあって、踏切も時間によって開かずの踏切となるので、非常に厄介な場所。

車両感覚がろくにないのに、11m後方の状況が分かるわけもなく、ベテランのように経験則で乗務する事が出来ない。

ベテランの事故にありがちな、経験則に基づき過ぎる運転も良くないのだが、基本は何年経とうが一緒。

ケツ振りの際は、常に前に斜めに動きながら、ゆっくり曲がる。ハンドルは一切急には切らない。

とはいえ、乗用車の停止位置が悪く、バスと乗用車の感覚があまり空いていない場合も多々あり、そこにいつまでも停止している訳にもいかない。

自分のバスが他の車両や仲間のバスもブロックする事になるので、その路線を通行止めにしてしまいかねない。

時間帯によっては、10~20分以上も開かない事があり得る踏切なので、これはとのかくも一大事になりかねない。

無理に通行して接触すれば10~20分の遅れでは済まないし、事故として運行の停止を余儀なくされる。

「行かない勇気=諦める勇気」も同時に大事であり、それも一つの運転技能なのだ。

スペースがあれば、停車してる乗用車に声かけなりコミニケーションをとり、もっと端へ寄ってもらう措置も必要だ。

そこで上から目線で「通れねえだろ、端に寄れよ!」なんて言おうもんなら、即時路上でトラブル勃発ともなる。

下手(したて)に出て、上手いこと協力してもらう姿勢も必要だ。これは乗用車の場合でも、同様な事が言える。

余談ではあったけど、交通マナーとはお互い様で無理をしないこと。

乗用車・大型車、それぞれの事情があってその場所を通行するわけだから、自分本位な走行はしないこと。

自分本位な解釈と「行ける(通れる)だろう」運転はくれぐれも行わない。

大型車の後ろには安易に近づかない、もしくは距離を置く。

繁華街や都心部でも、映像のような現象は割と起こり得るので、日常の現象だと思って頂きたい。

車に乗らない人でも、すれすれを大型車が通行し、曲がろうとしてる場合などは、歩行者との接触もあり得るので十分注意したい。

意外と分かりにくい現象なので、注意喚起でお伝えした。

よい一日を!