コロナ禍、高止まりで深刻化してはいるものの、早朝散歩はひっそり続けている。

吐く息が特に白く本格的に厳冬の朝を感じるが、寒さでピンと張りつめた空気は、どこか気持ちが良い。

昼過ぎになると、みぞれに交じりの雨に。途中寄った、コンビニで昼飯を真剣勝負で考えていると、寒いからカップ麺でも久々に買って帰るか、と思った。

いや、待てよ。ここは地元の某駅の近く。だったら、久しく行きつけのラーメン店いけばいいやん、ということで少なく見積もっても1年ぶり以上にラーメン店で食す。

みぞれ交じりの雨の影響もあり、非常に空いているので助かった。

半熟煮玉子と、小麦っぽさを感じるラーメン屋特有の麺に感動。

美味し!

生きてるっていいなって、何気なくつぶやかれた、高須先生のツイートを思い出し共感する。

些細な日常に感動できる事が、一番のご褒美かなと。

PS

心身荒れてると、なかなか日常に感動出来ないのよ、そう見るゆとりが無いのだろうね。

そして、熱・温度の恩恵もご褒美なのだ。