blogで朝散歩の記事をよくあげさせて頂いているが、実際に特にコレは良いよ!っていう一番の部分を改めてご紹介したい。

健康うんぬんも朝散歩の効果が非常に高いのだけど、特にワタシは精神面での効果が高いと思っている。

朝散歩をすると脳内でセロトニンという物質が活性化され、そのセロトニン物質は脳内物質のバランスを整えてくれる働きがある。

不安や興奮といった感情などを落ち着かせ、気分を安定させてくれる働きを持つ物質なので、脳内の指揮者とも言われるようだ。

セロトニンが脳内で不足しがちだと、朝起きて何となく漠然とした不安にかられて、どうも今日はやる気が起きない、そんなことって誰しも日常にないだろうか?

脳内のそういった気分的なものや、感情的な部分が乱れた時に、セロトニンは「お前らいい加減にしろ、静かにせえ!」と働きかけてくれるのだ。

運動している最中や運動後に、どことなく気分が高揚し、テンションが上がってくる経験は誰しも覚えがあるだろう。

スポーツ中継でもプロの選手の激しい行動やガッツポーズなど、運動が心身ともに高揚させてくれる。

そのような働きもセロトニンはバックアップしてくる。

プラスにもマイナスにもセロトニンは、どちらの方向にも調整役を買って出てくれる、人間の脳にはなくてはならない貴重な存在だと言える。

ただ、睡眠や運動が不足していたりすると、セロトニンが不足的な状況になりがちなので、その部分を補うために朝散歩が極めて高い効果を出してくれる。

精神が不安定であったり、またはうつ病の患者さんは一般的にセロトニンが低い状態といわれ、不安という感情に飲み込まれやすいという。

ワタシたちも、毎朝を過ごすにあたり日によって、不安やマイナス感情で気分的にも調子が悪い時がある。

それを打ち消して調整してくれるのが、しつこいようだがセロトニン。

朝散歩すると体調のリズムを整えるのと同時に、脳内も陽の光を浴びることで「朝か~今日もやるか!」と目を覚ます。

その一連の経過にセロトニンが発せられる過程も含まれているのだから、朝散歩をしない手だ宛てはないということだ。

もちろん、心身ともに優れない時は無理に行う必要はないにせよ、寒いな・行こうかな・どうしようかな?と迷う位だったら、歩いてしまえ(笑。

考えるより、実際に行動して歩いてしまった方が効果は高いということだ。

人間の行動をつかさどる心や感情の不安定さや、不安そのものを取り除いてくれる働きがあることを知り、大いに活用して日常に役立てたい。

感情って本当にある意味で面倒な側面があって、いい加減さを演出してしまうといこと。

そこに左右されずに、指揮官として威力を発揮してくれるのがセロトニンなのだ。

何となく朝散歩は健康に良いよ!って言われてやるよりも、根拠をより知っていると、行動に対する理由がしっかりと見いだせるので、自分への誤魔化しも未然に防いでくれる働きもある(笑。

PS

不安になったら、とりあえず行動しよう。

実際に動いてみることで頭も働き、肉体と精神の安定にも繋がるということでした。