やはり日本酒は悪酔いしやすいか…?

久々にお酒を飲む機会に恵まれたので、ビールと日本酒を頂いた。

日本酒が特に美味しいお店のようなのでそれを中心に頂く、が日本酒は全般的にアルコール度数が高めで悪酔いし&残りやすいというイメージが強い。

自分自身も過去に日本酒で失態を演じたことがあるので、いささか大丈夫かな?とおそるおそるゆっくりと飲ませて頂いた。

結果的にこのおそるおそる飲んだことと、お酒自体が非常に高品質だったこともあり、全く悪酔いすることなく非常に楽しく&美味しく頂くことが出来た。

逆に日本酒に対する今までのイメージが解けたのが良かったくらいで、ちゃんとしたものを適度なペースで適量を頂くのが楽しく頂くコツだと言える。

ちなみにワタシも激しく思い込みをしていた。

日本酒は体内に蓄積されやすくアルコールが残りやすく、悪酔い・二日酔いしやすいの科学的な根拠はないそうだ。

調べてみると基本的にアルコールを体内で分解する作業に、お酒の銘柄で差が出ることに関してはほとんど無く、アルコールである以上ほとんど変わりはない。

今回のように日本酒を冷酒で頂くと、非常に口当たりが良いのでお酒がグイグイと進みやすい。

口当たりが良いために、多くアルコールを摂取出来てしまうので必然と酔いもまわりやすい。

熱燗に比べると冷酒は体内で吸収されるのが若干遅く、酔いが回ってくるがいくらか遅い傾向があると言われ、やはり酔いを感じない分だけ多く摂取しやすい。

結果として結構なアルコールを摂取するので、当然のことながら酔いは時間差で来るので、一気に酔いが回ったような感覚で気持ち悪くなる。

このようなメカニズムが日本酒は悪酔いしやすい、というイメージに繋がったと思われるが、口当たりの良さと当人の飲み方一つだというのは間違いない。

どんな銘柄のお酒であれ、酔いを感じるアルコールという成分に変わりはなく、自らがお酒の特性と、自分の体質を理解して飲めば悪酔いはしない

参考例ではないが、今回のワタシのように一年以上飲酒してなく、お酒がそんな強いワケでもないが悪酔い・二日酔いが全く無かったのはその証拠だと言える。

寝酒で寝つきが良くなるのは本当です。

飲酒や深酒するとよく寝れる、というイメージは確かに昔からある。

今回はお酒をせっかく頂いたので自分の昨夜の睡眠の質について、翌朝ながらどうだったのか、改めて考えてみた。

一番最初に感じること、それは「寝つき」について。

どれらくらいお酒を飲酒したかにも当然よるが、適度に「気持ち良いな」と感じられる位の酔いであれば、非常に心地良くすぐに寝つきに付くことが出来る。

久々の飲酒ではあったけど、このようにすぐに就寝することが出来たのは非常に気持ちよく、ほど良い飲み方は大切だなと実感です。

ただし、寝つきは素早く寝れて良かったけれども「眠りが浅い」ことに気がつかされる。

以前だと朝までグッスリ寝れたようだが、今回は寝つきは良かった分、眠りはかなり浅いと言う課題を知ることになった。

飲酒することで、睡眠のリズムそのものが変化し長く寝続けることに関しては、睡眠がそこまで持続できない性質を持つという。

今回の事例でも、ワタシの場合でも寝入ってから2時間くらいで目が覚めてしまったので、逆に驚いたりもした。

この事例で言えば、お酒の働きとして人が「長時間寝ることを抑制する働きがある」という一面を持っていることを把握する必要がある。

質の良い睡眠とは、眠りの深いノンレム睡眠状態と比較的眠りの浅いレム睡眠の状態を繰り返すことになるが、深酒をするとこのリズムが崩れる。

リズムが崩れると、昼間も強い眠気を感じたり、夜は夜で目が覚めないようなタイミングで夜中の変な時間に目覚めてしまう、そんな事態が挙げられる。

深酒すると寝れなくなる、または眠りが浅くなるのはこの睡眠リズムの崩れに起因すると言われる。

やや話は遡るが、寝つきを良くするという効果も本当であるので、一概にお酒をアテにしすぎないことが最も大切だと言える。

飲み方こそ全て~適度に適量を!

寝る前に軽く一杯飲んでおく=寝酒というのも有効である一面性がある。

不眠症傾向の方が睡眠薬を飲むほどじゃないんだけど、寝つきが少し良くなるから寝る前にちょっとだけ飲んで寝る、というのは耳にする。

確かに寝つきは良くなるが、睡眠の質自体は下がると言えるので、この特性を承知の上で利用する、その程度に留める方が身体の為だと言える。

何よりも、睡眠の質を上げることこそ日常を健康に過ごすコツでもあり、人の身体を回復させる大切な時間であることも、併せて把握しておきたい。

寝酒をクセにすることで逆に睡眠障害が出てしまうケースも珍しくないので、特に意識して注意したい箇所だ。

夜中の睡眠リズムが崩れると、午前中から眠気を感じてしまったり集中力が出ない、一日中だるさがとれないなど挙げられる。

夜中のリズムが崩れると、どうしても日中にその分が持ち越されるイメージなので、勉強や仕事などに影響が生じやすくなると言える。

だからこそ、睡眠の質には改めて注意を払う必要がある。

眠れないからといって、安易に寝酒に走るのは結果として睡眠の質を下げることになるので、かえってマイナスになりやすい。

そのような積み重ねが不眠のクセとなり、いつしか睡眠薬なしに寝れないような体質にもなりかねないので、非常に慎重に対処しなければならない。

お酒は適度に飲む分には、心を暖かく楽しくしてくれる作用もあるし、何よりもじっくり味わうのも今回のように日本酒だとなおさら美味しい。

ゆえに、毎日飲みたい分だけ飲むということはせずに、メリハリをつけて飲酒することが身体とその健康には望まれる。

お酒自体が悪いのではない、人の飲み方次第なのだ。

惰性で毎日飲み続ける習慣こそ、身体に一番毒なのでぜひとも一番身近に感じられる睡眠を元に、改めて身体の状態を見直して頂きたい。

PS

適材適所というような言葉が人間に当てはまるように、お酒も適度に適量をとでも言えるのではないだろうか。

今回のワタシの事例で身をもって理解できたのは、お酒を飲むと確かによく寝れる=寝つきは良くなるが、眠りは浅くなり睡眠リズムは崩しやすいということ。

お酒の傾向を知っておけば、良いトコ取りでお酒と付き合えるので知らない手立てはない。

ワタシもお酒飲むとよく寝れるというのは、寝つきが良くなるという部分でしか理解できていなかったので、非常に良い学びを得ることが出来ました。

飲まなくていいなら、飲まない方が良いとも言えるわけだ。

良く動き適度に食べて疲れることが、一番よく寝れる秘訣に違いなし!