迷いながらやる、同時進行だ!

「不安」や「幸せ」に関するテーマを多く扱ってるものの、

その関係性が強いのか

「何がしたいか分からないんですよね、結局は」

という疑問メールを頂く。

分からない時ほど「今の仕事やりながら何かをする」

一番効率的だと断言できる。

それはなぜか?

人は思い込みの塊のような生き物

自分の中で最大のテーマ

「次は何の仕事をしようか?」ということだった。

数年間考えてみて分かったことは

「どう考えてもやりたい事が都合よく出てくるものではない」

という事実があること。

本当に自分がやりたいことというのは、

石油や温泉ではないけど

自然に源泉から湧いてくるイメージとよく似ているのだ。

自分の中ではキャリアアップしたい!

今の仕事にマンネリしつつあるし、

この業界も先行き厳しくなってきた。

日常の厳しく取り巻く環境で物事を考えて自分の本心から思う

「やりたいこと・やりたい仕事」は思いつくはずもない。

本心では自分が次に具体的に何かやりたいと思ってるワケではないからだ。

思考の中では、取り巻く社会状況に対応すべく

何か新しいことをしなきゃいけない!とにかく焦りまくる。

具体的に何かしたらいいか分からないので、

色々調べてみるもどうにもパッとしない。

これはというものをいくつか見つけて試しに初めてみるも、

これもパッとしない。

やり方に問題あるかもしれない、そんな疑問すら残るが

それでも自分が結果的に継続できなかったことは

「あなたがやらなくても良いこと」とも言えるのだ。

本当にやりたいことであれば損得・利益勘定ぬきで一心不乱に没頭出来るからだ。

出来ない!ということは特別やりたくもないということ。

そうであるならば、

いま自分が行っている仕事に集中した方がよっぽど効率的で

精神的にもとても充実してくると断言する。

ここ数年のワタシがまさにこの状況に陥り、

一つの結論に達したとも言える。

いまやれることをやりながら、

お試しでもなんでも

「今の仕事を継続させながら」同時にやってみればいい。

中途半端なやり方じゃダメだ!と思うあなたへ

どうせ新しく何か事を興すなら、

今の仕事を退職=完全にリセットして

しっかりとゼロからはじめたい!

そういう気持ちの強い方もいるかもしれないが、

今いる環境や仕事がよほど耐えられないなら、

確かに辞めるべきだろう。

心に大きく傷を負う前に退いた方がいい状況も確かにあり得る。

現実問題として新たにやりたいことが、

自分にとって本当にやりたいことなのか、

自分に合っているか否かは実際にやってみないと分からない。

やってみて思っていたような仕事とは全然違った!ということは

非常に多く起き得ているので、

いきなりゼロヒャク思考で辞めない方が得策だ

何ごとも「お試し」でやってみないと分からないことはある。

今まで自分が行っきた仕事に対しても

あまり否定的な概念を持たない方がいい。

この業界はもう先がそんな明るくないからダメだ!

と思うことはあるかもしれないけど、

それはどの業界にいても自分の仕事や現状に絶望すれば

その瞬間に思ってしまうことでもある。

本当に厳しい業界だとしても、

明日の朝にはもうダメになるワケでもないので、

無闇やたらに自分の仕事を否定的に見なくていい。

むしろその厳しい業界の中でも今までやってきた自分を

褒めたたえてあげるくらいが良い。

どうしてもワタシたち人間は、

自分のことを否定的に見てしまいがちなので

思うような成果が出なかったからダメだったと思うのではなく、

「今日の今までやってこれた自分自身」

もっと称賛していいように思えてならない。

結果や成果が出ないからダメなのではなく、

無事に今までやってこれただけでも、

生きる上での十二分な成果だと言える。

出世できない、給料が上がらない、役職が上がらない、

この会社じゃダメだ。

物欲や出世欲というドーパミン的幸福感が足りてなくても、

短絡的にダメだと思わなくていい。

思うようにいかないからダメなのであれば、

地球上のほとんどの人間がダメになる。

人間の生きがいや幸福は、

立体的に構成されているので一部分だけ満たされれば

良いというものではないことに気づけば、

自分のやるべきことを見失わずに済むのだ。

今を見つめ称えつつ、新しい自分の道を見出そう!

漠然とした何がしたいか分からない感にさえなまされているなら

今の自分の仕事を大切にしつつ、

新たな切り口・興味あることを同時進行せよ!

どちらが正しいか否かではないく、どちらも大事だということ。

中途半端に見られがちだが何かをやりながら、

新しい何かを始めるって非常に素晴らしいことだと思う。

ゼロヒャク思考でどちらかに偏る必要もなければ、

何か一つをひたすら極めるべきだと思いこまないことだ。

本当の意味で=真に自分のやりたいことが見つかったら、

一つのことをその時に極めて行ければ良いだけなのだから。

今の自分のままでもこうやって生き抜いていけているだけでも、

十二分に称賛に値する事実にワタシたちは気づき、

自分を肯定し褒めてあげるべきではないだろうか。

思ったより自分頑張ってるよ!とそっと一言でもいいのだから。