異動や転職の合図が出たらむしろ喜ぶべき

4月に入り新しい年度に入ったこともありこんな質問を頂く。

「職場での異動が決まり、全く新しい職種に就く事になったが

元々の土台がほとんど皆無なので非常に心配です。こういう時

こそどのような心理状態でいればいいでしょうか?」

こういう状況の時ほど、

不安な方に人は思考をめぐらせてしまいがちだが、

逆にチャンスだという側面もあるということも考えてみたい。

やったことのない新しい仕事を任されるのは確かに不安だが、

今までの自分の能力を超越した分野を学べると考えると

大きくプラスな案件となる。

不安どころかむしろ自身の能力成長や自己成長の面も含めて

非常に好条件とも言えるのだ。

私たちはどうてしも不安やマイナスな側面を拾いあげてしまうが

その反面で大きなチャンスであることも忘れてはならない。

信用や信頼がない人に新しい仕事は任せない

新しい仕事を任された場合、

自分が思っているより周囲から意外と評価されているケースは珍しくない。

全く新しいことを任されるという状況は

ある程度その人に対して信頼ベースがないと任せられないと

上司の立場からすればそう思うはずだ。

今の仕事に全く適性がないから他の仕事に回されるケースがあるにせよ、

そういう場合ほど下手に人を動かすようなことはない。

例えば不祥事が続いてしまったとか、

処分としての異動は別にしても、

一般的な時期による異動であれば

その人に対する評価や信頼がベースとなる異動がほとんどだ。

新しい異業種というのも、自分で積極的に望むケースは少ないと言える。

どうしても人は自分の得意なこと・好きなこと

ラクな快適エリアで生きたがるもの。

自分を成長させるという意味においては、

その快適エリアを出ない限り大きな成長は難しいとも言える。

チャレンジすることで自分ですら知り得なかった意外な才能や

得意分野が開花する可能性も十分ある。

未知なる分野に挑戦する最大のメリットは

この未知なる自分を知ることが出来る所にあると言える。

未知な分野に対しての考え方は?

それでも単純にやったことない未知なる仕事をいきなり任され

取引先や顧客とのやり取りを実践しながら得るのは

非常に大変だということも理解できる。

公務員だと全く違う業種・部署異動で然るべきポジションで

移動される場合は、当然責任もあるし部下の存在もある。

ワタシも市の交通局に在籍していた当時の上司は、

交通関連の仕事ではなく総務局からの異動で来た人物だった。

当然ながら交通畑は初めての任務で、

まして営業所長としての立場での異動だから、

最初は本人も困惑しつつさぞかし大変そうだった。

ただし、周りも新所長は交通の仕事は初めてだということを

十分に理解・配慮して仕事にあたっていたので、

特別に大きな問題が生じることはなかった。

公務員だと全く異業種分野への異動が珍しくないので、

周りもある意味で慣れているというのはあるだろう。

民間企業の場合で総合商社系だと

多岐に渡る仕事の部署が存在し、このような異動は珍しくない。

異業種への異動・あるいは転職もにしても、

大きな不安はつきまとうが何事も実際に実務をこなしてみないと

合うも合わないも分からない。

だからこその大きな不安は非常によく理解が出来る。

どうせやるならチャンスにしてしまえ!

人は心地よい快適なエリア内で活動をしたがる生物だ。

あえてその快適ゾーンを超えてまで積極的に新しいことを吸収したり、

今回のように異業種にチャンレンジする機会は非常に少ないと言える。

まして会社辞令ともあれば、簡単に断りにくい現実もある。

だからこそ、自己成長や未知なる自分を見出す

大きな飛躍のチャンスと考えてみてはいかがだろうか。

自分から動き出すことが難しい性分の人間だからこそ、

逆にこのような事態をチャンスと捉えられるか否かで、

自分の成長は今後も大きく変わってくると言える。

不安な職場の異動や転職せざるを得ない事態にある人は、

逆に大きなチャンスを得ているのだ。

マイナスな不安面だけを注目するのではなく、

この事態をどう自分にプラスに吸収できるか、

真逆の観点で見てみると新しい気づきが得られる。

どちらにも偏らず、中立な視点と思考で生き抜いてきいきたい。

あなたの未経験職種への異動や転職は、

人生において成功しようとも失敗しようとも、

大きな気づきと経験値が得られるのは間違いない。

新しい道が見えた時は「むしろチャンス」なのだ!