在宅ワークに疲れてきたら朝散歩せよ!

コロナ禍が世に蔓延して本格的な行動制限がされるようになり、

早いもので約1年経過しようとしている。

在宅・リモートワークでの暮らしも慣れてきたころだが、

ここにきて心理的な苦痛や圧迫を訴える人が急増している。

そんな人こそ「朝散歩」をして身体のリズムを回復させたい!

今までも何度も朝散歩について取り上げさせてもらっているが、

なぜそこまで朝散歩にこだわわっているのか?と思われるが、

4か月以上実際に睡眠・運動・朝散歩を意識的に行ってみて

体調が劇的に改善したので、ぜひともみなさんに広く勧めたい。

在宅ワークで外に出る機会が減少しているからこそ、

朝散歩は非常に有効だ!

自宅にこもりすぎはかえって身体に悪い!

連日のメディアでのコロナ禍の報道で必要以上にマイナスな

報道ばかりでテレビやニュースを見聞きするのもウンザリする。

そういった日常要因も在宅ワークで疲れさせる原因になったり、

息詰まりを感じるようになったり

精神的な不調をきたす原因にもなっている。

オフィスに通勤していた頃は、否応なしに歩いたり

電車・バスに乗る時間があり、通勤というのは結構な運動量だ。

大半の人が規則正しくほぼ毎日出かけるので、

一日の適度な運動量の変わりとなっていたのは間違いない。

駅の階段もそうだし、お昼休みに最寄りのコンビニや行きつけの

食堂(カフェ)など行くにしてもいくらか歩く。

この意識せず歩いていた部分がまるまるカットされているのが、

今の在宅ワークでの毎日だ。

ズームやメールなど各種リモートでの仕事になるので

周囲の仕事のメンバーと意思疎通が取りにくいのも

ストレスの原因にもなっている。

画面越しだけの会話などやり取りは、

リアルなコミュニケーションと違って細かい部分が伝わりにくく

どうしても必要以上に疲弊してしまう。

人間はいかにリアルな対面において、

無意識に表情や言葉のニュアンスでお互いの意思疎通の

やり取りをしていたかが非常によく分かる。

在宅ワークもまだまだいつまで続けるのか、

先が見えない状況でみなウンザリしている最中で、

運動不足も重なり不調を訴える人が続出している。

通勤しない代わりに、朝起きてしばらくしたらで良いので

近所のコンビニにコーヒーや朝ごはんとなるパンなど

あえて買いに出かけたりするなど非常におすすめ。

ちょっと遠回りしてA公園によりながらなど

日によりルートを変えたりして気分転換を図るのも非常に良い。

朝の太陽光を浴びることで脳のセロトニンが分泌されるので、

人はそこから幸福感や体調をコントロールするリズムを生む。

セロトニンが出ることで感情が安定し長引く在宅ワークで感じる

漠然とした不安やうつ的な沈んだ気分を

大きく緩和してくれる働きがある。

また、太陽光も曇りの日でも十分に浴びれるので、

一般的にイメージする晴れの日の直射光をイメージせずとも

実際のところ、全く問題はない。

天候に関わらず朝日を少し浴びて歩くだけでも、

ワタシたちが感じる以上に大きな気分転換になっている。

実際にワタシも朝散歩をするようになって、

脳が活性化されることで午前中に重要なリサーチ作業に

集中する作業が可能になってきている。

午前中にセロトニンの活性化で脳内と身体のリズムをリセット出来るだけで、

非常に体調が良くなったのは

ここ4か月のおかげと間違いなく言える。

2月の朝は確かにめちゃくちゃ寒く歩き始めは辛かったが、

早歩き気味にサクサク歩いていると身体が暖まってくるので、

最初だけ頑張ればちょうど良い位であった。

セロトニンが活性化されると、

慢性的な身体の痛み・疲れ・だるさなども

緩和してくれる働きがあるのは非常に驚かされる。

それが上記に挙げたように、

体調がすごく良くなったように感じた原因と言える。

身体を動かすことは心的なストレスを和らげるだけでなく、

体調やリズムそのものを回復させてくれる働きがあるので、

ぜひとも朝の15~30分くらいの軽い朝散歩を試して頂きたい。

ワタシはトレーニングも兼ねて1時間くらい歩いているが、

そこまでしなくとも十分に効果は得られるのでお勧めである。

気分が優れないのに朝散歩できるか?

心理的に参っていて、もし心身ともに体調が優れない場合は

ベランダや窓際で5~10分でも良いので

陽の光を浴びるだけでもこれも結構な効果が得られる。

もちろん実際に外に出て歩いた方がより高い効果は得られるが、

朝日を浴びるだけでもセロトニンは脳から出るので、

動きたくない時は日光浴でも良い。

身体的にはさほどだるさはなくとも、心的な気分がすぐれないと

あたかも心身ともにどちらともだるく感じてしまう。

そこを正してくれるのが朝日を決まった時間に浴びることと、

ちょっとした運動で体内時計も同時にリセットしてくれる

それにより慢性的な心身のだるさを解消してくれる。

この先行き不透明なコロナ禍で家にこもりがちだからこそ、

運動不足や気分転換を有効的に図り、体調をコントロールしたい。

外に出にくい現状ではあるが、

最低限な外出は世間的に見ても認められる範疇なので、

ずっと家にこもらずに上手く外に出たり、

最低限周囲とコミュニケーションを取るようにしたい。

朝日をしっかり浴び体内からリフレッシュ!

現状を見ればコロナ禍による各種行動制限が解除されるまで

しばらくの期間を要すると見込まれる。

だからこそ人は家にこもり運動不足になりがちになり、

精神的に落ち込んでしまうケースはこれからも考えられる。

そういった不調を訴える人が今後も急増する恐れがあるので、

何とかして国を挙げての対策が求められるほどだ。

その前段階で自分で心身の不調を予防すべく

朝散歩をぜひとも実践し体調をうまいこと回復させて頂きたい。

全ては今までと違った生活で体内リズムが崩れていることと、

極端な運動不足から心的な不調が起きている可能性があり得る。

ちょっとの散歩で好調な時のリズムを取り返そう。

適度に外出することでの気分転換がいかに大切か。

朝散歩で快適な日々をぜひとも取り戻して頂きたい!