人と話すことで楽になる、ということってよくあると思う。


なんでラクになるか改めて考えてみたら、人に話をするだけで


自分の考えてたことがクリアになるから。


あーだ、こーだと一生懸命伝えようと話してる時にふと、


「ああ、自分こういう風に考えてたんだな」って冷静に


自分を見れた経験って誰しもあるかもしれない。


人間、考え込みがちだけど考え込むほど余計に


何がしたいか分からない


そんな状況に陥るとより、辛い気分になるやね。


話せる人がいない、話せる状況でないなら今の率直な


気持ちをメモや紙に書きつづるだけでも、気分は大きく変わる。


もちろん、書いたものを見たくなければ捨てればいい。


自分の率直な気持ちが「認識できる」だけで儲けもん。


自分の率直な気持ちほど、時として分からないものはない。


率直な気持ちが分からないから、イライラして余計に不安に。


辛い気分になるから余計に辛いこと思い出したり。


そういう時ほど、物ごと何も考えない。


放置しておくのがベストである、辛いからツラくなるんだから。


辛くない時にまた考えればいいじゃないかと思う。


気分転換って軽く聞こえるけど、めちゃくちゃ大切。


ちょろっとぶらっと外を歩くだけでも良いし、気が向けば


電車などで、軽く出かけてもいいわけだし。


外すら出たくないな、って時はベランダに出るだけでも良し


ちょっと外の風にあたるだけでも気分はまるでちがう。


それでも何やってもスッキリしないし、気分が落ち着かない。


そんな時の最強の対処法は「時間」だ。


「落ち着かない」という嵐が過ぎるのを待つ時間を置く。


そして寝るに限る


PS

ホントだから(笑。