最近、おかん(母)が家族にipadを買ってもらったようで、少しづつ操作を覚えてかじりついている。


何でも新しいこと、操作、情報なり仕入れるには良いこと!


映画見放題のプランにも加入したようで、動画サイトを非常に良く見ている。


そのipadちょっとお借りしたけど、YouTubeの閲覧履歴が演歌・歌謡と70~80年代の洋画ばかり(笑。


時代を感じるなあ、と勝手にシンミリ。


子どものころ、車で出かけたり旅行した時も、必ずテレサテンだ、桂銀淑とかこれまた時代感じる曲をよう流してたっけ。


案の定、閲覧履歴にも当時よく車で流してた桂銀淑の曲が出てる(笑。


鳥羽一郎さんも結構履歴にある!ワタシが世代の割に、演歌・歌謡を知ってるのも間違いなく、


親の好みと育った環境が影響していると断言できる(笑。


動画サイトの履歴から、何故だかその当時の事を色濃く思い出せた。


前出・鳥羽一郎さん→山陽道より


トラック乗りやってたら、2番の歌詞


「俺は誠の一文字抱いて 夢があるから 夢を追う」


と車体の箱に入れて

※↑行灯(あんどん)ってトラックの箱に付いてるこんな感じ。

「野暮な野郎でござんすが」を行灯にしてただろう(爆。


うそ・偽りでないさま、純真に→「誠」の意


新選組の隊旗じゃないけど、心や生き様は誠でありたいものだ。


PS

人の動画の閲覧履歴だけで、ここまで思い出と妄想で楽しめたのはコスパの面でも最強だと言えるw。