やりたいことがない、という人は世の中に多い。


就職活動中の学生の一番の難題って「やりたいことがない」ことでもある。


ワタシはやりたいことはやってきたけど、今はやりたいことが確かにない。


ある時にふと思ったのは、自分が生きる時代ごとにやりたいことって変わると思うのですね。


自分の年齢、置かれた状況、その時代の自分の好き嫌いなど様々な理由で。


そう考えると、


やりたいことって、そもそも「一生もん」なんじゃないかと思いました。


一生かけて探していくのが、やりたいことなんじゃないかな、と。


就職探しの究極のテーマかと思いきや、実は普遍の人生のテーマであったと気がつかされる。


PS

そう思うと「あ、すぐ見つかるわけないな」と感じた。


いまやりたいことがなく、どことなく不安だったり焦ってる方へ。


大抵の人が同じような課題抱えてますから、不安にならなくていいし、焦らなくていいと思います。


実は生涯かけてやりたいことはコレか!って見つけるのが人生そのものっぽいですよ?