電車だとじっくり街を散策できる熱海の地

5月も最終な日曜日、外は晴れで気温も27℃と午前中から暑い。


地元の人の流れを観察していると、やはり近所の大型ショッピングモールへ向けて早々に駐車場渋滞が起こっている。


やはり、このご時世だからお休みの日はどこにいこう?子どもたちもいるしなあ、と頭を抱える親御さんも少なくない。


同じところでみなで固まっても「密」になるだけなので、例のごとくまたちょろっと地元からは離れ、「離」を意識します。


以前にも書いたように、日曜の下り電車は非常に空いている、もちろん行く方面にもよるが都心向け電車でも十分に座れるくらいだ。


在来線の東海道線に先日乗り合わせた時、行き先が「熱海」だったので、それを見て「そういや、電車で熱海駅っていったことないな」と思う。


友人などグループでドライブや花火大会で訪れた場所だけど、東海道線を乗り継いで、というパターンは過去20年でもゼロだ。


blogでも色々えらそうに講釈たれてるし(笑、


思うならやってみろって話しであり、行ってみました。

スカスカな車内で密を回避!

自分の性格上なのか、どこか出かける時もあんまり綿密に行程や鉄道の時刻など調べるとせっかくの旅もセカセカするので、ざっくり調べます。


今回も、大まかな熱海への行き方と料金だけ調査。


東海道線だとグリーン車が2両付くので、

↑上記画像の2階建てになってる部分が東海道線のグリーン車。


グリーン車って聞くと「お高い」イメージありません?


自分には場違いだー、会社のお偉いさんや芸能人・お金持ちじゃあるまいしー、のようなあの感覚。


在来線に付くコレらグリーン車、実はすごいお得で今回のような


横浜→熱海間でグリーン席はプラス800円でグレードUPできます。


もちろん、通常の横並びの座席でも良いのだがちょっと距離を乗るような場合はこの車両はおススメです。


やはり先日、小田原~横浜まで横並びの普通座席で乗車したが、


疲れ方や時間の感じ方?も違うような感じしたので、


中距離乗車にはとても良いです。


東海道線のようにヘタすると、200㎞走るような長い在来線は上手いことグリーン車を活用するとお得感があります。


新幹線のグリーン車はさすがに乗った事ないので分かりませーん、そのうちね(笑。


話しは戻り、ザックリと時間調べていると熱海ヘは「特急・踊り子号」たるものがある。


もちろん特急なので横浜の次は熱海まで停車駅なし。


特急料金は+1020円、在来線グリーン車が+800円、


差額が220円と市営バス一回分しか変わりないので「踊り子号」案を採用しました(笑。

↑特急踊り子号~最近新しい車両になったようです。


特急だのグリーン車だの言いましたが、本質的なことを言ってしまうと、


在来線の東海道線(グリーン車含む)も踊り子号も走る線路は一緒です。


車両や座席がいくらか良くなって、停車駅が少ないのが特急車両。


新幹線だけは、走る線路も速度も規格が違うのであれだけは別物です。


ゆっくり時間があるなら、在来線でグリーン車使わなくとも本質的には熱海に行けるので変わりはありませんが、


せっかくの小さい旅路なので道中も楽しみたいと思います。


ワタシの場合、むしろお子さま感覚なので電車とか乗り物に乗ってる時の方が楽しいタイプなので、


それで十分なのです。(笑

とりあえず乗る!熱海へ(画像展です)


早速初の特急電車・踊り子号に乗ってみます。

お、案の定くだり電車はガラガラで他に前の方に2名しかいませんでした。


自動車目線で見てしまうのですが、特急電車はサスペンションの構造が全然違うのか揺れが全く少ない、


乗ってても非常にラクで220円の差額を感じます(笑。


横浜~熱海間は1時間も掛からず定刻通り56分の乗車で現地着です、早い!


熱海に着いたものの、この地に関しては全くノープランで調べてません。


調べ始めると、より綿密なプランを要するのでザックリといつも行きます!


駅前の有名どこ観光地が記された案内板を見ると、


やはり熱海というと「海」なイメージが強いので、海沿い歩いてみることに。


熱海サンビーチのとこなど、よくテレビなどメディアでも見かけますね。


車での観光の方が改めて多いのだな~と感じる熱海駅前、この地域の主要な場所だった。

↑熱海駅前の平和通り商店街、ご覧の通り結構な坂の街なのですね~。



↑おっぱいプリンってなんだろ。


観光地と性って何か密接ですよね。


昔ながらの街並みが良い味わい出してますねー。


てくてくと商店街を下り、


サザンビーチへ向けて歩く最中の街並み。


日本の一大観光地であった熱海、その名残が今でもあって高層の宿泊・娯楽施設が非常に今でも多い。


最近では街も盛り返し傾向だったが、コロナ禍の影響でやはりどこか寂しい印象を受ける。


リゾートマンションも多く見られる。お、さらに歩いていると!

ヤシの木じゃないけど、南国っぽい雰囲気に。

熱海サンビーチ到着~!


熱海駅から結構な傾斜を下って来たので、駅がそれだけ高台にあるのだな。


空いてるー&目の前が海なのが久しいのでとても気持ちが良い♪


ヨットハーバーも併設されてるので、景観も非常に良いです。



↑やっぱ「観光地と性」は何故か密接。


みな、遊びにくると半端ない開放感があるんだろうなあ。

ビーチ横の桟橋から、初島への定期便が出航した模様。


初島もオートキャンプ場とかあったり結構キレイで景観良さそうなので、ぜひ一度また訪れてみたいです♪

山頂駅で撮ったものながら、熱海港からこちらもロープウェイ乗ります!


存在は知っていたものの、山の上も行ったことなかったので初乗車しました。

グイグイっと300mほど上ります、日本で一番短い観光ロープウェイだと放送が流れています。

おお、これは登った甲斐がある素晴らしい景観♪


熱海市街地を一望出来ました。

正面にちょっとだけ見えるのが初島。


熱海港から高速船で30分、意外と距離があるようだ。


なぜか観光地に行くと秘宝館系って存在するのか、昭和の名残を感じる。


山梨の石和(いさわ)温泉にも同じようなのあって、入館したのが懐かしい。

熱海城と手前の広場で猿回しが開催されていた。


お城は観光用により改装されて混んでたので外からだけに。

ロープウェイの山頂駅より熱海城の方がもう少し上に位置するので、より景観が良くなりました♪


熱海港側もさらに眺望できます。

ロープウェイで再び熱海港へ降ります。


お茶を買おうかなーと思いお店を探していると、

ファミリーマ…じゃなかった、


サンミマートがあった、静岡に多いのかな?


街を練り歩き続けます、


スナック・キャバレー、観光地だから飲み屋さんがたくさんあったようだけど、シャッターがずっと閉じたまま、昼間だからというわけでなく。


コロナ禍が無事に終えて、熱海の地にまたかつての観光客が大勢来て欲しい。

さてさて、せっかく熱海まで来ているので、今度は海沿いではなく山側も歩いてみましょう。


熱海駅は本当に高台にあるせいか、そこを中心にものすごく傾斜で街が広まっているので、


地元の横浜エリアよりもよほど急坂が多いのに驚く。


こういうのもクルマの時だと全然ピンと来ないのよね~、坂が多いのは見て分けるけど、


歩いて実際に汗かいてゼーゼー言わないと分からんのよ(笑。

ちょっと切り立った山側→線路の方までやってきました。


知ってる方は知っているでしょう。

パワースポットで有名な「熱海・来宮神社」を訪れてみました。


暑い日だったけど、木々にかこまれ涼しくなり気持ちが良いです。

樹齢2100年超という大楠。


不老長寿・無病息災の象徴として古来から多くの人々に信仰されてきた。

神社さんの対応も非常に現代的


観光客を配慮して、携帯写真で自撮り用の台まで設置!


ご神木の大楠を背景に写真を撮ることが出来るようです♪

↑神社に併設された、都内にもありそうなおしゃれな高台のカフェ前より。


日常・都会の喧騒からちょっと離れるには、ピッタリの素晴らしい空間でした。


わりと広めに観光地区を練り歩いたので、


ぼちぼち熱海駅へ戻ります、3時間以上歩けたかな?


帰りも平和通り商店街を抜けて

お昼も食べてなかったので、いかにもながら


温泉まんじゅう頂きます、一つ80円というのがご当地価格。

↑ 暖かいのでポロポロになりやすいのもご愛嬌、ほんのり甘い♪


しばし日常を「ちょこっと離れる」だけで相当なリフレッシュに!


ちょこっと旅行に関心あれば、弊社にご相談くださいまし。


手軽な日帰り電車旅、思った以上に心身共に奥が深いです。

PS

さすがにちょっと身体は疲れますね(笑。