夕方帰ったら

「小田急&JR“ナゾの途中駅”「町田」には何がある? “神奈川県町田市”感はいつから?」文春オンラインより。


町田市を摩訶不思議な扱いにしているが、


ナゾの途中駅も何も全くナゾでも何でもなく、むしろ


これほどまでに身近で立派な中核駅は他に類が無いと言い切れる。


このような地理的な位置で「神奈川県町田市では?」


という記事は以前からあった。


地理的どうこうよりも町田市は間違いなく東京都、


それは今も歴史も証明している。


今の町田の繁栄があるのは間違いなく「東京都」であるからだ。


横浜線が軍需貨物線だった頃からある歴史ある街だし、


今でもここぞという買い物があれば必ず町田に行く。


特に大型書店が充実しているので、ワタシは非常に重宝している。


また、ヨドバシやビッグカメラなど大型家電店も軒を連ねるし、


女子目線ならアパレルの出店が凄まじい。


町田にショッピングに行って


足りないという感覚に陥ったことはまずない。


それだけ身近で栄えている非常に重要な中核都市であることに間違いない。


子どもの頃から何か買ってもらうとかあれば


町田のトポスや東急ハンズに行ってたし(今はもうないけど)


初めて就職して働いたのも町田市だったし、


人生の節目でこの街とは今でも関わりがあるので思い入れがありすぎる。


目新しいグルメ・スイーツの出店も町田は早いし、


原宿とか渋谷に負けないほど時代に遅れを取らないのでは?とすら思う。


その反面で記事内でいくらか指摘されるような


ローカルな街の要素はどこか魅力がある。


小田急線の路線図をごらんなさい、


町田とお隣の相模大野が消えたら中継駅が無くなり


本当に大変なことになりますよ。


神奈川県を横断するような小田急電車から見れば、


町田はちょうど真ん中らへんにあたり重要中継都市でもある。


地理的に見ても、非常に神奈川県民・東京都民から見ても

非常に意味の深い街なのだ。


町田なしに、今までの生き様は語れない(笑。


思い入れの深い、非常に素晴らしい街に間違いなし!

PS

LIKEじゃなくもはやLOVE町田市です。