先週の土曜日と日曜日は久々に自宅でネット接続が


まともに出来なくなったのは、めっちょ焦りました。


インフラというか、


そういう大事なラインはいざという時の予備の手段は抱えてないと


Blogに更新にしても各種調べもの


勉強・自分な好きなこと含めて、ネット社会への依存度?を


久々に重く感じた次第でした。


さて、自分の立ち振る舞いも日々更新すべき状況にあります。


今のテーマとしては、やれることをやる・または、


新しい経験・やれそうなことをやってみる、を行動軸の全般にしてます。


twitter見てると、きれな一輪のあじさいの花が写ってます。


そうよね、6月だしあじさいが本番の季節ですね。


過去数十年さかのぼっても、あじさいをメインに観賞に


出かけたことなかったので、ちょっと情報を調べます。


リアルタイムなSNS情報見ると、


鎌倉の明月院(あじさい寺)が昨日は空いてるとのことなので、


お伺いさせて頂きました。


車だ~ラーメンだ、など夜な夜な好んで出かけたワタシが


あじさいを見に鎌倉に出かけるという、


ワタシの過去を知ってる方なら大変革を感じて頂けるかと思います。


鎌倉って中学2年の時に京都の修学旅行の練習?だかで


自主的に行路組んで遠足だっていうことで行ったよね?


まともに散策するの、あの時以来かもと考えると20数年ぶりとなる。


ただし今回訪れる北鎌倉エリアはあまり知らず、


建長寺に訪れたことがあるくらいで、車でも通過したくらいです。


未知なる経験・知らない場所を訪れること


それ自体がそもそもおもしろいことなので、


訪れる価値は十二分と思いました。


密になりにくい早めの時間にサラッと行ってきたしたが、


明月院の敷地が想像以上に大きかったので


あじさいの咲き誇る数もとても多かった。


時期的にも一番見ごろということもあって、


大きな青紫のあじさいが多く目につきました。


和装のレンタル屋さんが鎌倉には多いようで


和服に着替えて観光する若い女性の姿もちらほら。


海外の観光客にかねてより人気のあるスタイルではあったが、


日本人にも浸透しているようです!


和服って日常生活じゃ自分じゃなかなか着れないもんなあ。


明月院の周辺には、古くからの古民家を改装して


隠れ家的なカフェが多く点在しています。


そう考えると、あじさいの今の季節だけではなく


オールシーズンでこの周辺には


観光客が割と多く訪れるていることが予測されます。


そういう意味では、にぎやかな鎌倉市街地よりもより一層


隠れ家的な雰囲気のある北鎌倉周辺の方が好きだ!


という女性層がいても不思議ではない。


じっくりと北鎌倉駅周辺を歩いたのは初めてではあるものの、


ここまで静かな別世界が広まっているとは思いませんでした。


あじさい寺こと明月院はコロナ禍の影響なども考慮されて、


土日は閉門されているので、行ってみたい方は十分にご注意ください。


密にならないことを念頭に、


と思われる方はtwitterやインスタグラムなど


リアルタイム情報をよく参考にされて訪れることをおすすめします。


平日の午前中などでも非常に賑わっているケースもあるようなので、


その辺りは十分に留意ください。


コロナ禍で誰しも思うような移動・行動が出来ないかもしれないが、


せめて自然景観をどこか少し遠くからでも


眺めることが出来るくらいの状況には


いちはやく落ち着いてもらいたいものです。


なかなか人それぞれに考えや価値観などもあるので、


どの行動が良くてダメなのかという結論を言い切ることは出来ないけど、


雑多に人を気にせずに、密を避けつつ「いま」を堪能したいものです。

PS


季節を感じる花や自然景観は心を穏やかにしてくれます♪