昨年に体調を崩して入院しますた~、


なんて話を過去の記事でもさせて頂いたが、


こうなると健康に関しても非常に関心が高くなりました。


今までがある意味で体力任せでストレスも溜め込み放題で


無理が重なったから入院沙汰になった?とも言えなくもない。


いずれにせよ過去を問い詰めてもしゃーないのですが、


今後の健康について色々と日々調査しています。


樺沢紫苑先生の「ブレインメンタル強化大全」を読み直し、


改めて日常の生活習慣と健康の密接さを思い知らされました。


逆を言えば日常の生活習慣さえキッチリ抑えておけば、


昨年のワタシのような事態には陥らなかった可能性は高い。


もちろん、生活習慣を完ぺきにしたから


病気・体調不良にならないという安易な話ではありません。


ただ、人間の身体の健康は睡眠・運動(特に朝散歩)


それと食事こそ非常に重要だと説かれているし、


ワタシも日々実感しています。


今回は特に睡眠に目を向けてみました。


うちの母が医師の監修した枕シリーズを愛用していて


まくら1つに5000円~かけていました。


確かにまくらにせよマットレスやベッドなど寝具にこだわると


相当奥深い世界だということは、何となく存じていはいました。


かくいうワタシも、新卒で働き始めて以来15年間は


非常に不規則な時間で睡眠をとってました。


休みの日に寝だめするようなこともザラで、


遅番・早番もあった為に寝起きの時間や睡眠時間そのものが


とにかくシフト勤務は不規則極まりなかった。


明らかに素人考えながらも「睡眠の質」はお世辞にも良くない。


平均睡眠時間も6時間も無かった


睡眠時間そのものも短いわ、睡眠の質も低い、


これじゃ疲れた体も回復しないだろ、


体調を壊すのも無理ないだろう、


ということで睡眠の質を上げてみようと企画します。


ワタシも枕にこだわってみようと、ネットで情報収集するも


非常に多種多様な製品が出ていることに驚かされます。


ゆえに関心がより高まり調べ続けてみると一点の商品に注目。


「山田朱織枕研究所」(やまだしゅおりまくらけんきゅうじょ)


という整形外科の先生が開発した枕・製品を発見。

(↑実際に測定して頂き購入した枕)


オーダーメイド枕で、身長・体重・肩幅・頭の形などを計り


専門の診断士さんが1時間くらいかけて、一緒に測定して作ってもらいます。


実際にベッドに横になりつつ5ミリ単位で測定してくれます。


人それぞれ体型・骨格も違うのでその人の体型に合った高さの枕を専門学の観点からはじき出します。


途中10分くらいの仮眠タイムを取りながら、


実際に寝ながら試せるのがとても好感を持てました。


口コミサイトも何件か参考にさせて頂きましたが、


感じ方は人それぞれ違うと思うので、とにかく試してみたい


という率直な思いが強かったです。


睡眠について全くど素人のワタシ。


正しい寝る時の姿勢、枕の理想的な角度など、


それらを医学的な見地から研究を重ねた枕ということなので、


睡眠の質を高めたい!という今回の目的に非常に合致してます。


枕と同時に敷きふとんも同様に重要なアイテムだと実感し、


今回は両方合わせて購入してみました。


正直ちょっと勇気のいる価格でしたが、身体への自己投資。


考えてもごらんなさい。


一般的な理想的な睡眠時間は1日7時間程度と言われてます。


つまり一日の3分の1から4分の1は睡眠=寝ている時間です。


言い換えれば人生における3分の1は寝てると言っても過言ではないのです。


そう考えると寝具に投資するというのは


むしろ理にかなっている!


使用時間や頻度を思えば、いくらか高くついてもコスパは超良好だと言えるのではないでしょうか。


「そう自分に言い聞かせて」今回のオーダーメイド枕とマッドレスを買いました(笑。

販売店は相模原市にある「16号整形外科」の2階にあります。


クリニックの前が国道16号で非常に覚えやすいロゴです。


この整形外科の院長が山田朱織先生


枕や寝具の研究・販売もされています。


全国の提携販売店・協力クリニックでも計測してもらえます。


今回はたまたまワタシの居住地と本店さんが割と近かったので


ご縁あって相模原本店へ伺いました。


早速ひと晩使用してみましたが、


眠りが深くなったような気がします。


ゆえにいつもは午前中はモヤ~ンと眠気を感じることが多かったのですが、


今日に関してはお昼まで眠気は全く感じませんでしたので、


よく寝れていたのだと思います。


今までの枕と違って固めの素材になるので、


いくらか慣れるまでに時間は掛かりそうですが、寝心地自体は良好です。


山田先生の枕は寝返りを重要視しており、


一晩で20~30回は無理なく自然に寝返り出来ることを理念にされてるようです。


枕に合わせたマッドレスは来週の中ごろに届く予定ですが、


併せて使用してみてどのように睡眠の質が変化するか、


非常に楽しみであります。


睡眠時間を確保することも大切ですが、


同時に睡眠の質を向上させる必要がある、


とも当blogでお馴染みの精神科医・樺沢紫苑先生も説かれています。


大手の寝具メーカーさんも非常に熱心に、


睡眠の質を向上させる関連製品を次々と投入しています。


もし健康を一から見直したい方は、


睡眠の大切さとそこに深く関わる「寝具」への関心を


高めてみるのも生活と非常に密着しているので面白いです。


健康はもちろんですが、


単純に朝起きてすっきり目覚めが良い朝を迎えられるだけでも


非常に意味はあります。


ワタシ個人的には、


寝起き=朝すっきり起きられることが少ないタイプなので


今後とも睡眠の質の向上について


研究・トライ=アウトプットしたいと思います。

PS

枕=寝具への投資、今まで全く考えてこなかった部分です。


どのように質を向上させられるか非常に楽しみです。