ワタシも朝ごはんって正直、以前は食べてなかったのですね。


その当時は朝が極端に早い生活(3時起き)だったので、


トマトor色んなミックスされた野菜ジュースだけだったり。


今もその影響あってか全く食べない日もたまにあるのですが


基本的には少しだけでも頂くようにしています。


幸せを感じつつ脳を健全化するにはセロトニンが必要不可欠!


という記事も以前に出させて頂きました。


セロトニンが集まることで、


心身共に活性化するのですがセロトニンの原料となる


トリプトファンがないと根本的には身体は目覚めません。


トリプトファンをたくさん有する身近な食べ物がバナナです。


上記になりますが、


樺沢紫苑先生もバナナとトリプトファンについて


詳しく動画で語られています。


ワタシも個人的に朝食は今では朝バナナにトライ中。


特にここ1か月くらいはそのパターンで生活してみて、


お腹にも持たれず丁度良いバランスを保てているのが嬉しい。


しっかり朝ごはん食べちゃうと眠くなるし、


その後に動くのが何よりもだるい。


バナナの栄養素・トリプトファンや科学的要素を考えなかったとして


美味しく量もちょうど良くてワタシはフィットしてます。


軽く朝散歩してトマトジュースとバナナを頂くのが朝の日課。


おかげで特別に眠くなることもなく(以前はよく眠かったが)、


だるくなることもなく、


PCで記事を作成したり


午前の試行錯誤時に非常に役立っています。


栄養素うんぬんより、


単純にほどよく甘くて美味しいから続いているとも言えます。


せっかくバナナ買ったのだけどあんまり甘くないなーと思ったら


ちょっと寝かせてみると良いです。


すると、


シュガースポットと言われるものがバナナの皮の表面に


茶色い点々が広がってきますので、


それが出てくるとほどよく熟して甘くなります。


お肉などもそうだけどちょっと置いて寝かせると熟成するのか、


バナナにもその要素があるようです。


単なる身体にイイ!だけじゃ、なかなか人間は続かないもの。


それ以外にワタシは単純にバナナが甘くて美味しいから


続けられてると思ってます。


シンプルに


「あ、これなんか好きだな~」


という感覚は残して良いと思います。


もし朝ごはんの扱いに迷っているなら


朝バナナでトリプトファンを摂取しセロトニンを活性化させ、


栄養と思考の観点からhappyになりませんか?


PS

ワタシも朝バナナ・朝散歩生活樺沢先生の提唱でやってます。


馴染むかどうかは、人それぞれの体調や気分もある。


とりあえず「試しにやってみよっか」くらいの感覚で全然良い。


ワタシもバナナはそこまで好きな印象はなかったのだけど、


改めて久々に食べてみると品種改良も進み


非常に甘みも増し美味しくなってました!

美味しくて身体や脳にも良いなら、やってみない手はないです。


心身ともに、美味しいものは大歓迎ですね!