日々ポジティブに考え動き過ごしたいけど、


現実問題なかなかそうはいきません。


グチの一言だって言いたくなるような日常だけど、


マイナスな発言したところで今の状態が上向きにはならない。


だったら黙って大人しくしてればいいのかね、ワタシたちはさ。


何ともひねくれた発想になってしまうことはないでしょうか。


ネガティブな発言を口にしてはいけないということではない。


あまりに言い過ぎてもやはりマイナス思考に偏るのも事実だ。


1つネガティブを吐いたら、3つポジティブな発想をしてみる。


1対3の割合を意識しつつ、


人は時にネガティブであっても良いという気づき。


人は何が何でもポジティブたれ!と言われると、


その考えにどこか違和感を感じ抗う心理を持ち合わせている。


何でや?とそこで瞬間的に思うからです。


時に弱気な発言したって構わない、なぜならそれが本心だから。


本音や本心を認め許容しつつ、


それでも「明日は明日の風が吹く」の心意気こそ必要です。


絶対にマイナスな発言や思考をしない!と、


とらわれるのは止めよう。


マイナスな時もあっていい、


ただしマイナス過ぎないことが最も大切なのです。


1つネガティブになったら、3つポジティブで吹き飛ばそう!


これくらいの心意気で日々過ごしたいですね。


PS


マイナスな日もあらぁよ。


その日に吹いた風を受け入れつつ、明日は明日の風が吹く


待てば海路の日和あり、とは古から言われたことです。