表題のようなことをフと思い経ちました。


「この感覚はお金どうこう…じゃないな」というもの。


キレイごと抜きに社会と関わりを持つことって


精神的にも非常に大切なんだなって思いました。


ワタシが貧乏性?なのかもしれないけど、


何やかや日中働いてある程度疲れて帰宅します。


猛暑の日中で営業やら所用で外回り。


日が落ち始める夕方の退勤時間帯だってまだまだ外は暑い。


確かに余計に疲れる要素はてんこ盛りな今季節なんだけど、


働いて帰宅するとどこか安心するのはなぜだろう。


何もしない日の夕方は何となく


「今日も大したこと出来ないまま終わっちまったな」


というような焦りもあるのだけど、


働いた日の夕方は精神的な充実感が非常にある。


ヘルプ=手伝いで働いてる今ですらそう思うのだから、


やはりそこはお金どうこうの問題ではないのだ。


どんな形であれ、社会と一定距離で関わることで


心が安定するという効果は確かにあるらしい。


小さな日々の充実感ってそういう所にあるのだな、


と、フと今日は感じました。


どうだろうか、万が一にも自分に不労所得というものが


莫大にあったとしても、何かしら働くだろう。


お金どうこうではなく、


単純に「この仕事したい」というものをやるだろう。


もちろん、現実問題で収入の良し悪しは無視できる所ではない。


ただ、給料の良し悪しはあれどやりたいことはやるだろう。


小さな充実を見つけ、夕方や夜はどこか心満たされたかのように


「今日もよう働いた=動いたな」と思える一日を過ごす。


小さな当たり前がキレイごと抜きで


実は一番幸せなんじゃないかなと思えました。



そう感じられたのは、


こうやって一度社会から距離を置いた今の状態があるからだ。


そう思えば、昨年からの一連の事態も人生経験としては


非常に有益なのだなと思えるように、ようやくなってきました。


PS

今日もお疲れさんでした。