昨今のオリンピック開催絡みの報道でも


非常に多く見受けられるのだけど、


ことの是非はどうあれ「他人や自分に厳しすぎる」風潮が


非常に強いと思います。


タイトルじゃないけど「気楽に開き直り」って


こんなご時世だからあっていい考え方ではないでしょうか。


~の責任に、~の命令で、


など責任や命令の所在を


ハッキリさせる事は組織を正す意味では大切なことです。


常に誰かにそれを求めていると


ワタシたちは疲弊しないだろうか。


身も心もヘロヘロになってしまうので、


適度に開き直り=気楽に物事を考えたり進めて良いと思いました。


身体となると病気やケガにも同じようなことが通じると言えます。


いわば回復力、くすりだけでなく人は自分の病気やケガを


自ら回復させる力を備えもっています。


その気力を活かすのも実は思考=心構えに直結する


とも医学的に言われています。


悪い部分・治ってない部分に注目するのではなく、


ポジティブな部分に注目し脳から自分の身体全体(もしくは心にも)に


いいじゃんー、だいぶ良くなったな!」

励まして指令を出してあげる方が、身も心もよほど元気になるのです。


昨年、ケガで2カ月入院した時のワタシは


まさに精神的に相当落ち込んで、


不安と悪いとこばかりに発想がいってしまいました。


その時を思い返しても、


真剣に考え込んで落ち込んですぐに良くなるものではないし、


今の状況を受け入れ、身体をじっくり休ませ回復させることが


最も重要な考え方でした。


今となっては「せっかくなんだからゆっくり休みなよ」と


当時の自分に一声かけたいものですが


やはりその時に置かれた自分としては焦りだらけでした。


焦っても、落ち込んでも


病気やケガがいち早く回復するとは限りません。


だったら、いっそのこと現状を受け入れて


気楽に開き直った方が人生はお得なのではないでしょうか。


悶々と暗い気分で過ごす毎日よりも、


お気楽ちゃんだねーと人様に言われるくらい、


時に楽しく過ごす毎日の方が人生としては


よほど充実し楽しめていると言えます。


最近、本当によく思うのだけどシンプルに


同じ毎日過ごすなら「少しでも気楽で楽しく生きたい」と思います。


PS

先々のこと真剣に考え詰めも、


予定通りにものごと運ばないことの方が実際には多い。


ならば、日々を気軽に過ごした方がよほど楽しいし、


充実感も半端ないですよね。


自分の良いトコ、どんどん集めて行こう。


確実に良くなってる所はたくさんあるのだから。