30歳過ぎてから思うようになったのかな?


数学、理科などといったいわゆる勉強での「理数科目」


典型的な大嫌いっ子でした。


点数取れる科目は、暗記物の社会(世界史・日本史)は


好きだったので割と良かったのと、


高校時代は「商業科」に在籍。


簿記や珠算といった専門科目も割と好きだったので


こちらも良かった♪


簿記に関しては就職するようになると、どの業界・業種でも


会計というジャンルは必ず付きものなので、


もっと勉強しておくべきだった。


大学も商業系の大学だったので、専門科目で


簿記・会計学を掘り下げて「日商簿記2級」くらいまで


収めておけば、今ごろだいぶ役立ったろうなー。


その頃、まるで全くその科目に興味なかったけど


大人になると目線が変わることは非常に多いと言える。


医師もその1つで「スーパードクターK」という


ブラックジャックよりも王道的な裏社会と渡り合う


文字通りのスーパー外科医の漫画。


違う人生があったら、医師になりたいと今は真剣に思う(笑。


医師もそうだし、簿記を極めし国家資格の会計士も然り


理数が出来ると本当に世の中で重宝される仕事に就きやすい。


今なら嫌いな科目はなぜ嫌いなのか、


論理的に結論を出そうとするが、


学生時代の当時は直球・直感勝負だったので(笑


イヤなものはイヤ、出来ないものは出来ん!


その一点張りで避けてきた。


今でも結論から言えば避けると思います(笑。


でも、何がどうダメで嫌いなのか?


そこはしっかり具体的に考えているだろう。


PS


いやなものはいや、正直に生きるって大人になればなるほど


重要性を非常に感じるのだけど、


ワタシの理数嫌いみたいに食わず嫌いで放置しておく、


ってのもよろしくないですね(笑。


どちらも両極端なんだけど、


それぞれの真理があるのだなと感じます。