「今年の目標の一つ」として


新しいことに何でもチャレンジしてみる、


なーんて当初思ってました。


立派なそれっぽい目標を掲げたけど、実際どうなのよ?という


目線を自分の中でもどこか持っており、


一帯どうなるのかと思いきや。


必然というのはおもしろいもので、自分の意思や力以上に


「そうせざるを得ない」状況が訪れるということに


気づかされました。


実際にその1年の半分を過ぎてみて、やはり自分の意思に


関係なく必然的に新しいことをやるような状況になってます。


一番大きな面では今後の仕事面もそうだし、


1月から始めた投資も然り、


確実に新しいことに進んでいると感じます。


実際に今の公私において共通していることは、

「とりあえずやってみる」→「やって試す」→


「ダメなら練り直しじっくり考える」→


「また試してやってみる」


新しい場面に触れる時って、この動作の繰り返しがひたすら


大切な思考なのだなと常々感じています。


未知なること、新しいことを始めるのは誰しも心の中では


どこかで「怖い」と思っている。


「(マジか、大丈夫かよ・・・)」


職場で新しいプロジェクトを任された時や全く違う分野に


異動になった時などに真っ先に思うのではないだろうか。


人それぞれ状況は違いはあれど、共通して言えるのは


「とりあえずやってみて判断してみてみるか」


これに尽きる。


出来そうならそのまま研究して改良を加えたりプラスして


どんどん突き進めばいいし、


「自分には合わないな」とトコトン感じるようなら止めていい。


今の自分には合わなかった、出来なかったという向き不向き


事実が分かっただけでもマイナスにはならない。


むしろ、経験値を積むことが出来たことを考えれば


大きなプラスだと言えます。


些細なことでも、プラスに興味・関心があるのなら


何でも試してみていいのだ。


ダメならまた元の位置からやり直したり、考えればいい。


そういう選択肢や考え方もあるんだなと思えると、


急に肩の重さが無くなり気軽になれないだろうか。


トヨタ自動車方式え有名になった「カイゼン(改善)」


根底はまずやってみるに徹しています。


ダメなら改善していこう、この繰り返しが今にいたると言えます。


良いと思えることはどんどんやってみよう、試してみよう。


PS



実益だけ見ない。


実際に動いて損は無し→それは必ずあなたの経験値として返ってくる!