昨日のFラン発想と真逆の立ち位置の苦労が、という意味で同じ


アベマさんから興味深い動画がありました。


まずはザックリ上の動画をご参照のほどを。


確かに東京大学=東大と言われると、けた外れに頭の良い人達の


集まりというのか、特別な集団だと思ってしまいがち。


国を支える官僚のトップ集団は東大卒が当たり前なくらい、


勢ぞろいしています。


世界に誇れる日本の名だたる大企業のトップも東大卒が多い。


それゆえに東大卒が日本を動かしてることすら感じなくもないが


実際の所はそのような人たちこそごく一部であるという事実を


我々も知る必要がありそうです。


この件で知れたのは、東大の新入生っておおよそ毎年3000人の


があるようです。




約ではあっても毎年3000人も東大を名乗れる人が世の中に


増えるということは、それだけ多様な人がいても然りとなる。


ワタシたちが想像するいかにもな「東大卒」こそごく少数精鋭。


勉強は非常に出来るけど人と馴染むこと、


仕事ができる事とは全く別と動画内でも述べられていますが


本当にそれは「一般社会」においてもあり得てるのです。


ワタシたちが作り上げたイメージの「東大卒」


独り歩きしてるに過ぎない現状が、


今の社会に広まっているだけで


現実は必ずしもそうでもないよ、ということ。


例外を述べるなら、


新卒では無かったけどタクシー乗務員の中にも


「東大卒」の方はいらっしゃいました。


自分で言うのもなんですが、


職業ドライバーというのも学歴とは全く無縁の世界です。


どれだけ走ったか・どれだけ売上たか・トラックなら


どれだけ荷物を運んだか、など。


完全に出来高に比例する業務です。


学歴うんぬんより、無事に運行して無事に帰ってくることこそ


至上命令とも言える職種だと自分でやってみて感じました。


そんな現場に「なぜ東大卒が?」と思うかもしれませんが、


ご本人がやってみたかったから、


今の自分には合ってそうな気がしたらか、と仰ってました。


人生において働く上では確かに学歴や大学のネームバリューも


必要となるケースもありますが、

必ずしも求められるわけでもありません。


むしろ求められるのは、


自分にとってその仕事が合うか・合わないかの方が重要で


こればっかりは、実際に挑戦してみないと


分かり得る事は難しいでしょう。


「あ、これならやれるな」と直感的に思えるものなら、


それはあなたに合ってる仕事でしょうし、


必ずしも東大卒という経歴が活きるものでもありません。


むしろ東大を卒業したからといって、


その価値を活かさないといけない!


というわけでもありません。


もし世間と自分自身のギャップに苦しんでいる方が


いらっしゃれば全ては自分本位であると考えてみて下さい。


グッとラクになれるはずです。


東大の場合は確かに誰しもが知る名前であり、


その名前と価値が独り歩きしてる感が非常に強いので、


動画内の方のように悩みを抱える方が少なくないと思います。


世間には世間の東大の価値感が独り歩きしているように、


あなたにはあなたの価値観があるよ、


ということをこの東大卒の一件から学びました。


以前のワタシの元の同僚の東大出身者のように


「やってみたいと思ったから・今の自分に出来そうだから」


という理由で素直に仕事を選ぶことこそ、


本質的な仕事選びかと思います。

周囲や世間、あるいは人様にご迷惑が掛からない範囲で


あるならば、自分の価値観を優先させて生きてみてください。


雑音が周囲から聞こえても、


何ら悩むこと・疑問に思うこともないでしょう。


PS

タクシー乗務員の新卒者の高学歴化は年々増加しています。

新卒者での高学歴化はひと昔前では


考えられなかった現象ですが、


近年では私学の雌雄である早稲田・慶応義塾といった


全国区の有名大学の卒業生も珍しくありません。


なぜか考えてみると、


タクシー乗務は確かに人間関係は希薄です。


お客さんとも基本的には一期一会、売上もコツを早い段階で


掴んで都心部などを走り回るようになれれば、


年収600万円以上も難しくないでしょう。


やった分だけお金になる点が


新卒の就活生に非常に魅力的に映るようです。


特にやりたいこともないし、


名だたる大手企業に就職できても自分の行きたい部署に


いけるわけでもなし。


先輩や上司に神経すり減らすのもイヤだな、


と思えばコツを掴めば給料もそんな悪くないタクシー業界に


新卒の若者が流れてくるのも分からなくはないです。


ただ少しだけ懸念があるとするならば、


新卒だから入れる会社も多々世の中にはあるので、


その点はよく吟味した上で選択されることを望みます。


その上で「タクシーだな」と思えば、東大・早慶だろうが


胸を張って入社されていいと思います。


あなたが今やりたい事は「コレだ」の瞬間なのですから。


PPS


明確にやりたいことや目標が見いだせた瞬間って


実は一番幸せよね。


向かうべき方向が定まったという


大きな安心感に包まれるというのか(笑。