何度か記事で取り上げてますが、自分が本当にやりたいこと



好きなことについてです。


ある程度、成人になればなるほど、疲れた日常からわが身を


振り返り「自分って一体何がしたいんだろう」


だれしも一度は、そんな何気ない疑問を思ったことが


あるかもしれない。


自分も散々陥ったが、この状況の時こそ、たくさんの自己啓発本


読んだり、自分は心を病んでしまってるのかもしれない、と。


急に医学関係の書籍を読んでみたり、静かに留まることは、


出来きませんでした。


好きなことや、やりたいことを、そんな感度が下がってる時に


探しても、大抵は見つけることは、至難と言えます。


そもそも、自分が本当&純粋にやりたいことって、幼いときや


育ってくる過程で、すでに決まってることが多いのです。


理屈じゃなくて、一種の本能に近い部分だと思います。


家にいるより、外遊びする子が、家で本ばかり読んでる子に



「本ばっか読んで、何が楽しいの?」と聞いたとします。


本が好き・本ばかり読んでる子は「好きだから、楽しいから」



と、応えるでしょう。


外遊び好きの子は「えー、どこが楽しいの?」



本好きの子「読んでてワクワクするから、楽しいから」と。


簡単なやり取りであれど



本質は「好きなことに、カタチや理由はない」ということ。


「好きなものはすき。やりたいからやってる」


これだけで十分な理由なのだ。


考えて後付けした理由でなく、潜在的な意識の中から導かれた



「好き・行動」であるから、損得勘定ぬきで行うことが出来る。


何となくでも「おもしろそうだな」と思ったことで



やってみると好きだったりする。楽しかったりする。


そんな小さな体験からでも、自分が本当にやりたかったこと



好きなことに、繋がる可能性は高いでしょう。


この考え方に、より確信が持てたのは



友人とのやり取りで、何気ないひと言。


● 好きだから、朝起きてすぐにでも絵が描ける

● 毎日2~3時間はやってる

● 今年だけでも、200枚は書いてる。

● そもそも、絵は小さい頃から好きだったから



と、伝わりやすくここでは、箇条で言葉を表現させて頂いたが



本心で好きじゃなきゃ、ここまで書くことは出来ない。



好きなことが、仕事になる・ならない、そもそも全く関係なく



やりたいからやってる、が正しいと言えます。


朝起きたら、自然とペンを持ってるというのは



もう絵が生活の一部なのかもしれない。


好きなことは、小さい頃にすでにやっていることが多い



という事実も、注目したいのです。


好きなことは何か、と問答し続けるなら、



過去の自分に、聞いてみてはいかがだろうか。


灯台下暗し、のことばではないが



自分の足元=自分自身のことほど、分かっているようで



分かっていないことも、決して珍しくないのが人間です。


自分探しに悩み苦しみ続けるなら、今の自分を認めよう。



いま、やりたいことがなければ、やりたい仕事がどうしても




見つからなければ、やれそうなこと=仕事をやってみよう。


未経験エリアに、自分のやりたいことがある可能性も十分あるが



そのやりたいこと=おもしろそうだな、と思えることに



見いだせないうちは、目の前のやれることを、淡々とやろう。


今の自分「やりたいことはありません」と認めるだけでも



どれだけラクになれることか。


そう思うと、


やりたいことがあってもなくても、何とかなるな?



と、急に思えてこないだろうか。


PS


やりたいことは、何もしないでのんびりすること



そんな選択肢も、実はそれも「やりたいこと」なのです。