物足りない人生から脱却?ちょい足りない位がベスト

OJS_syuukatunitukaretadansei-thumb-autox1600-13853
とりわけ、このブログでもお金について、人生やその生き方について書きましたが、共通している根底にあるのは「知足」という言葉です。

たることを知る、今の自分の環境、満たされている事に気づく、というような意味でここでは使います。

どうやら今現代の悩みにおいても、足る事を知らないから人の欲望はとてつもなく肥大しているのです。

全世代共通・欲望の肥大化で「足りない」地獄を回避

PAK42_syachikunoannei1323_TP_V
10代の若者から、70代以上の高齢者まで実は共通した悩みの多くに「お金が足りない」という事があります。

若者は若者でまだ自分の稼ぎが無い、もしくは少ない上に多感な時期もあるでしょう。

あれも欲しい、これも欲しい、友達付き合いも非常に多い、いくら時間とお金があっても足りない感覚になるのです。

一方で、70代以上の高齢者でも同じような事が言えるようで、退職して現役の時のように、自由に遊んだり裕福に暮らせるだけのお金が無い。

年金や貯蓄、その他の資産運用などで出る利益だけでは到底「足りない」のです。

JSK542_kanpai_TP_V

もちろん、若者の時と違い医療費の増大なども大きな理由の一つと言えます。

身体のメンテナンスの医療にかけるのは、これは誰しもお世話になるので致し方のないこと。

しかし、今の70代以上は元気な方が非常に多いのでまだまだ体力も気力もある方は数多く存在します。

それゆえに、余生を過ごす生活資金である年金だけでは、その他遊ぶお金が足りません。クラブに飲みに行くお金がない、と嘆くお父さんもいます。エステサロンに通うお金が無いと嘆くお母さんもいます。

使うなら、現役時代のように稼ぎ収入が無いといけません。ここに着目すべきでしょう。

今日の自分こそ最頂点、足る事を知るで疲れない

20140921203611
若者も高齢者も、自分に収入に応じた「足る事を知る」べきす。これは再三このブログでもお伝えした通りですが、これに気が付くとグッと生きるのがラクになります、これホント。

下手にモノを欲しがらない、無駄にアレしたい、コレしたい、欲求が肥大化しない事と、現状の自分のお財布事情を比較して落胆しないから「疲れない」のです。

この点が一番大きいと思います。ラクだし疲れない、それはちょっとの意識の焦点をずらして工夫する事なので誰にでも可能です。

明石家さんまさんの言葉をお借りすると、落ち込まない事に対して「俺はまだまだこんなもの」と思って生きる事、自分の人生の頂点は今日であり明日が今日になれば、その時が頂点だという。

自分を過信しすぎない、なおかつ自分の実力やその程度を知り生き抜くこと、まさに足るを知る事が、言葉に隠され無意識に実践されているのです。

有頂天くんだったワタシ

手相で結婚診断!?結婚線を-1200x630-938x492
そんなワタシも、ページのアクセス結果見て一喜一憂していました。もちろん、アクセスには波もあるし、ちょっとでも更新しなければガクンとアクセスが落ち込む。

しかし、その波で一喜一憂しても仕方がなく今自分が出来る、その日最良の記事を作成し続ける事こそ、その日があなたの頂点の結果、に繋がるのです。

間違っても有頂天ではダメです(笑。

ワタシのように過信しすぎて、最初の頃のように一気に新しいコンテンツでページ紹介されてアクセスが上がる。

一瞬上がったその時だけ喜んでも仕方がないのです。

ジェットコースターのように頂上に上がって

「やったあ!・・・あぁぁぁぁぁ」

と急降下するワタシのぬか喜び的な「喜ぶ」は、足元救われ文字通りの「瞬間有頂天くん」で終了です。(撃沈・笑)