家系に極太麺?なんのその、時代は布麺がきたる!

7630ca4c1c147658fba67895e4a8657f
群雄割拠のラーメン戦争を起こしている東京都内のラーメン店では、創作系・家系・二郎系などさまざまのジャンルがひしめき、それぞれが人気を博しています。

特に昨今の二郎ブームもあってか、非常に極太麺のラーメン店が物凄い勢力を増しています。

コシの強い麺、特濃のクセのあるスープと絡むその美味さが人気の秘訣ですが、そんな極太で満足しているようではまだまだ。

群馬・桐生のひもかわうどんこそ最強・最高の極太麺グルメであるのです。

古きを知る、最強の極太は祖先の時代から親しまれる

fc2blog_201501111349295f0
筆者はもともと、和洋問わず麺類は総じて大好物で東西問わず各地へ赴き色んな麺類を堪能しました。

二郎系ジャンクガレッジ(さいたま市見沼区)にどっぷりハマってから極太麺世界に酔いしれ、そこから様々なジャンルの極太麺にチャレンジしてきました。

その中でも群馬・桐生市名産の「ひもかわうどん」には驚きを隠せません。

ジャンル問わずキングオブ極太の称号を授けている程です。画像の通り、麺というのかもはや、ゲゲゲの鬼太郎に出てくる「一反木綿(いったんもめん)」のような風貌です。

20070902225607

麺には見えない所に驚かされ、もはや食い物なのか?と疑いたくなるような印象すら受けます。麺というか濡れた布ですね、完全に。

しかし、これがまた伝統のつゆとよく絡んでコシとの相性が抜群に良い。どれくらい食べた、というより何枚食べた?と言う方が正しいのではないだろうか。

同じ和の極太麺で名高い「きしめん」と通常の「うどん」の違いですが参考までに、その規格の違いを引用します。

日本農林規格(JAS)の『乾めん類品質表示基準』では、小麦粉に食塩と水を混ぜてよく練った生地を帯状に細く切って乾燥させる製法で長径が1.7mm以上に成形したものを「うどん」、幅4.5mm厚さが2mm未満の帯状に成形したものを「きしめん」と記載することができる

なので、ひもかわは5ミリ・10ミリの世界では済まされない極太という単語ですら「規格外」とも言えるモンスター麺と言えるのです。

極太を好む漢なら迷わず来たれ!桐生市「ふる川」

src_39409039
特に初めて「ひもかわ」にチャレンジするなら、「ふる川」というお店のひもかわが特に幅広く、極太感を堪能出来る事に間違いなし。

他店よりも、薄く幅広いためその見た目のインパクトも抜群であり、また食べにくさも加わって特有の世界観を堪能出来る。

そばの世界でも、つゆとのマッチングは非常に大切ですが、ひもかわうどんの世界でもつゆとのマッチングは重要です。

ダシと極太の「布」との絡みは、一見ラーメンとかほど絡まなそうですが、面積の大きい麺ゆえにやはりマッチしてくるのです。

640x640_rect_35666494

「ふる川」ではカレーうどんのような形式での、ひもかわも提供されています。これほどに麺・布との絡みが大きい食べ物は他に無いのではないでしょうか。

カレーライスを普通に食すより、高い満足感を得る事が出来るのです。ライスも良いけど、ひもかわのが合うと感じること間違いなし!

色々な可能性あれどこのお店クラスの幅の極太ひもかわで「洋」の世界の味覚を取り入れるニューひもかわも楽しめる可能性がありそうです。

どんな味覚の世界を広げてくれるのか、楽しみで仕方がありません。

同じく相性抜群・最高峰であるカレーひもかわを楽しみなら、桐生市「藤屋本店」のカレーせいろ、こちらも最高の布カレーが味わえます。

極太界の最先端をゆく

極太で満足しているようじゃ甘い甘い!
時代は一反木綿麺(いったんもめんめん)じゃい!!